※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

……始まりは、単なる意地の張り合いだったのかも知れない。

少なくとも、国民に害は及ばないと思っていた。

しかしそれは、平和ボケした俺達の勝手な妄想だった。

…兄貴は、翌年に戦地に送り出された。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *



「ギコ起きろーっ!」

けたたましく鳴り響く目覚ましの音。兄の怒鳴り声。

「るせーな、もうちょい寝かせろ」

「何だその言葉遣い」

「他人の睡眠を妨害する奴にはこれで十分だ」

「…ほほーう」

フサの関節が鳴る。

「あ、ごめ…ギャアアアア」

その声は、お隣のしぃにも聞こえた。

「また兄弟ゲンカかしら」

彼女は笑って、窓を開けた。

「ギコ君おはよう」

「よっ、しぃ」

頭を両手で押さえたギコが、あいさつを返す。

「朝から元気ね」

「いやー、鬼のような兄貴がうっとーしいの何のって」

その時ギコは、頭の後ろにバキリゴキリという音を聞いた。

振り向くと、そこで目を光らせていたのは…

「あ、兄貴?今うっとーしいって言ったの俺じゃねえぞ?俺の口を借りて悪魔
が…ギャアアアアアア」

ギコの頭の上のタンコブは、二段構えになった。

ここはモナ国。

隣国のモラ国とのゴタゴタは日常茶飯事だが、緑豊かでほのぼのしたいい国だ。

ギコの家はその郊外にある。

「早く朝メシ食えよー」

先程のグーパンチの事など忘れたかのように、ギコの兄、フサは声をかけた。

「人を殴ってもすぐ忘れる酷い奴、それが俺の兄であり魔王である」

「ギコ、何か言った?」

「いっ、いや何も言ってねえ」

1月生まれのフサ(19歳)は、かなりの地獄耳である。

何の気無しにギコはラジオのスイッチを入れ、牛乳とコップに手を伸ばした。

「では続いて政治です」

ギコはコップに牛乳を注ぐ。

「我が国とモラ国の国境の上にある金鉱から、モラ国が勝手に金を掘りだしているという事実が発覚しました」

耳を傾けながらも、政治に対してギコは無関心だ。政治なんかよりも今は牛乳の方に神経が行っている。

「この事実に対してモラ国は、シラを切り通す方針をとっており、モナー大統領は『立ち退かない場合は武力で排除する事も視野に入れているモナ。戦争に発展するかもしれないモナよ』とコメントしました」

「ぶっ!!!」

ギコは牛乳を吹き出した。

「な…何だってェ!?」

朝から物騒な事を言うラジオである。

「どうしたギ…何じゃこりゃあ!」

運悪く、吹きこぼした牛乳をフサに発見されてしまった。

「あ、ちょっと待て!これには伊豆海溝よりも深ーいわけが…」

「問答無用っ!」

「待て!落ち着k…ギャアアアア」

今日3回目の叫び声が、ご近所にこだました。

ここで少しモナ国について説明しておこう。

モナ国の男の子は、たいがい剣術や武術を習っている(中には銃の使い方を習っている子や、稀に女の子もいる)。

家の跡継ぎには女子が多い。

昼になった。

朝が遅かったギコは、まだ空腹感を感じていなかったので、とりあえずそこら辺をふらついて腹が減るまで過ごす事にした。

足をふらつくがままにさせていると、いつの間にかギコは懐かしい原っぱへ来ていた。

「…もう何年も来てなかったなあ、ここ」

辺りを見回すと、次々と目に留まる思い出の物。

その中の木を見て、ギコは1つの思い出を思い出した。
* *
「待てクマー」

「へっ、追いつけるもんなら追いついてみやがれ」

「は、速いよギコ君~」

後ろから走ってくるいじめっ子。息を切らせながらも何とかギコと並んで逃げるしぃ。

「しぃ、あの木に登るぞ」

「わ、私もうそんな体力残ってないよ」

「そんだけ喋れてたら大丈夫だって。ほら、そこの瘤を足がかりにしたら登れるだろ」

ダウン寸前のしぃを何とか促して、ギコは木に飛びついた。しぃもその後に続いて木に登る。

2人は一番上の枝に到着した。
 
「そんなんで逃げられると思ったら甘いクマー」

とうとう木の所にまで追いついたクマーが、勝ち誇ったように声を張り上げる。

しぃがモウダメポと思った、その時。

「こらー、いつまで遊んでるの!」

クマーの母の怒鳴り声が飛んできた。

「あ、ちょっ…待ったクマー」

「さっさと帰って宿題しなさい!」

「ちっ、今日は勘弁しといてやるクマー」

「ちょっと!『ちっ』て何よ」

「え!?な、何でもない…クマアァアア」

クマーは、母にひきずられながら帰っていった。

「へへっ、作戦大成功」

ギコは満足げに笑う。

「こないだアイツん家の前通った時に、宿題やってなくて怒られてるのが聞こえたんだ」

「さっすがあ、ギコ君」

しぃはほっと胸をなでおろすと同時に、ギコの事をまた、ちょっぴり頼もしく思った。ギコの活躍のお陰で、クマーの驚異をかいくぐって無事に生還できた回数は、今までを含めると数え切れない。

「じゃ、そろそろ帰るか」

そう言うとギコは、するすると木を降り始めた。

しかし、しぃは降りてこない。

「どうした、しぃ?」

「うっ…ギコ君…」

しぃは泣きそうな声で言った。

「降りるの怖い…」
* *
あの事件(?)からもう10年が経って、2人とも16歳になった。

「あーあ、もう10年かあ…」

ギコは大きく伸びをした。

同時に、大音響でお腹が鳴った。

「…じゃ、そろそろ帰るか」

ギコは帰り道を歩き始めた。


「モナ国の分まで採ってんの?金を、モラ国が?」

「そうらしいぞ」

「やばいじゃんそれ。戦争起こるかもしんねーんだろ?」

フサと2人の、昼の食卓。話題は朝のニュースだ。

「もし戦争でも始められようもんなら、俺来年には徴兵されるな」

やってらんねーといった顔つきで、フサは溜め息をついた。たった1人の家族である父親を、記憶もうつろな昔の国境戦で、兵隊に取られて失った彼は、大の軍人嫌いだからだ。

「いつだったっけ?その国境戦があったの」

「今から14年前。お前が2歳の時だから、覚えてないだろ、父さんの顔」

「うん。じゃ、ごちそーさま」

ギコは空になった皿を持って席を立った。

「俺が洗うから早く食ってよ」

「へいへい」

そう言いながらも、フサは別に急ぐ様子も無く、ゆっくりと口を動かしている。

「早く食えって言ってんだけど」

「ゆっくり食わせろよ」

「仕方無えな…」

今度はギコが溜め息をついた。
+ +
_モラ国都心_

とある酒場。

たくさんの大人に混じって、子供が2人居た。

その片方の青い男の子は、携帯電話のようなもので何やら話し合っている。

程なく電話を切ったその子は、少し離れた所でくつろいでいた赤い女の子に向かってこう言った。

「仕事が入ったぞ、つー」

「ドンナシゴトダ?」


「戦争だってさ」



その日の夕方。

「こちらからの警告にも耳を貸さず、金鉱を掘り続けているモラ国に対して、モナー大統領はただ1言『マジギレだモナ』とコメントし、モラ国との戦争を始める事はすでに決定済みのようです」

ラジオは信じられない事実を伝えた。

「マジかよ…っ、畜生!」

ギコは、テーブルに拳を叩きつけた。

どうしてこんな酷い事を、お偉いさんはそう簡単に決められるんだろう。

大統領に対する怒りと、来年には兄も徴兵されてしまうという絶望とが、彼の心の底でもやもやとしたものになり、ギコは息苦しさを感じた。


夕食。

いつもは食欲旺盛なギコだが、今日は箸が進まない。

それもそのはず。

14年前の悲劇がまた繰り返されると思うと、ギコはやるせない気持ちになった。

「どうしたんだギコ」

弟の気持ちを敏感に感じ取ったフサは、少し心配になって尋ねる。

今日のメニューはギコの大好きなカレーなのに、10分経ってもまだ半分しか食べていない。

「何でもない…」

フサも夕方に報道されたニュースは知っている。

ギコが食欲不振になっている理由ぐらい、分かっていた。

だから努めて明るく振る舞おうとしていたのだ。

「本当に何でもないのか?」

「…分かってるくせに」

フサは笑った。

でも無理して笑っているように見えた。

「大丈夫だって。戦争なんかで死ぬわけないだろ」

「……」

「…まあ、来年までに戦争が終わればいい話だけどな」

そう言うとフサは、ごちそうさまも言わずに部屋を出ていった。


「…畜生」

ベッドの上に座り込んだフサは、口の中で呟いた。

また戦争が始まるのか。

父の命を奪った、あの憎い戦争が。

俺が死んだら、ギコはどうなるだろう。

彼は、そんな事まで考え始めていた。

あいつも徴兵されてしまうかも知れない。

さっさと戦争が終わればいいんだけど。

心配だ…


「…もう欲しくねえや」

ギコはカレーがまだ残っている皿の中に、スプーンを放り込んだ。

腹が減っているようには感じない。

かと言って、腹がいっぱいになったようにも感じない。

食べるだけ時間が無駄だと思った。

ギコは皿にラップをかけると、部屋の電気を消した。

今は5月だから、電気を消しても真っ暗にはならない。

それでもギコは、何だか暗いような気がした。


翌日。

ギコはすることがなく、ボーっと外を見ていた。

どこからか、国軍の勇ましい歌が聞こえてくる。

…そういえば国境線を始めたんだっけ。

家の前を通り過ぎていく軍隊を、何の気なしに見ていたギコは、その中に見覚えのある顔を見つけた。

「あ…クマー!」

急いで外に飛び出したギコは、旧友の所に駆け寄った。昔こそいじめっ子であったが、ギコと同じ剣術の塾に通い始めてからは、クマーとは友達だ。

「あ、ギコ」

「よっ、久しぶりだな。で、お前何でここにいるんだ?徴兵は20歳からだ  ろ?」

「志願したクマー」

「ふーん…」

志願してまでなるものなんだろうか、とギコは思った。

自分から死にに行くようなもんだ。

どうして、そこまで…

そこまで考えた時、ギコの頭の中に、1つの言葉が浮かんだ。

“自分は死ぬのが怖いんじゃないか”

その通りだった。

自分は…

死ぬのが、怖い…

「…、ギコ?」

「え?あ、何だ?」

ボーっとしていたらしい。

クマーに呼ばれた。

「一応行ってくるクマー」

「おう」

…一応?

緊張感が無いな、とギコは思った。

自分も、あいつぐらい軽く気を持った方がいいだろうか。

……うん。そうした方がいいだろう。

ギコはクマーの敬礼に手を振って答えると、家に帰った。

++

「…あれ?おかしいな……」

同時刻のしぃ。

彼女は今、昔の歴史書を調べていた。

それは…モラ国の歴史。

さっきから同時代の本ばかりを見ているのだが、やはりおかしい。

これらの本によると、あの金鉱は…

「モラ国の所有物」とされている。