※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プレゼンテーション技法

紙の企画書を基にプレゼンテーションをする手法が一般的ですが、プロジェクターの利用が可能であれば、パソコンをしようするのも良いでしょう。

特に、eコマースサイトや管理ツールなど、複雑な操作が発生するサイトでは、操作感や画面移行をクライアントに理解してもらうために「既存のサイト」や「PowerPoint」などの使用が効果的です。また、よりイメージを具体化させるために、プロトタイプのウェブサイト(デザインカンプ)を見せることもさらに効果的です。

ウェブサイトは、近年、「専門家」かつ「細分化」されていますので、次の「プレゼンテーションの流れ」にあるように、各分野の担当者に同席してもらうと、より効果的なプレゼンテーションが可能です。