※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ワークフローの必要性

神の会社案内をそのままウェブサイトに作り直す作業を「企業ウェブサイト政策」と呼んでいた時代は、細かいワークフローなどは不要でした。

制作スタッフも、デザイナーとHTMLコーダーを合わせて数人という少数体制が主でしたので、それほど綿密な制作体制を取る必要はありませんでした。

しかし、現在は、「EC(eコマース)」や「ユーザーサポート」など、ウェブサイトの目的が明確化することで、企業戦略の一環として、その規模も大規模化かつ複雑化し、それとともに、制作スタッフも大人数化および専門化・分業化してきました。

それら大勢のスタッフが効率よく連携して、多様な工程を含むウェブサイト制作を円滑に行うためには、「明確なワークフロー」と「プロジェクト管理体制」が必要になります。