※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

受注してからの意識も需要

「ウェブサイトを制作する事の意味はクライアントによってさまざま」という意識を常に持ち、制作者は新しいウェブサイトの制作依頼を受けるごとに、先入観や固定概念を捨て、新鮮な気持ちでクライアントと向き合わなければなりません。

そして、まず制作に入る以前に「目的を的確に理解し」、目的を達成するために「どのようなウェブサイトを制作・運営すべきか」、また、完成までには「どのようなプロセスや情報、人材が必要か」などを、「的確に、かつ、タイムリーに提案すること」が必要です。

そのためには、クライアントの「事業や組織としての目的」、「サイトに期待する事」などをしっかりとヒアリングし、また、調査する必要があります。さらに、クライアントから見たターゲットに関する情報を十分に集めましょう。そして、クライアントの中でこれらが不明瞭な場合には、「セミナー」や「ワークショップ」を開くなど、それを明確にする手助けをすることも必要です。