※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウェブサイト制作を請け負う

世の中にウェブサイトを持っている企業は、数え切れないほどありますが、自社サイトを社内スタッフだけで制作している企業は、ほとんどありません。一般の企業はもちろん、いわゆるIT系企業でも、「ウェブサイトの制作は外部委託で」というケースが多く見受けられます。

では、クライアントはなぜ、ウェブサイト制作を外部の制作会社や広告代理店、デザイナーなどに発注するのでしょうか。もちろん、ウェブサイトを持つには、必ず何らかの目的があります。そして、自分達が期待する結果を「確実に具現化してもらえる」と思うからこそ、外部に依頼するのです。最近では、制作側でも専門化が進み、企画・設計・マネージメントを専門にするウェブディレクターと、HTMLコーティングや写真加工などをするウェブデザイナーとに分かれ、作業内容も高度化しています。

クライアントがウェブサイトに求める結果や目的を達成しうるウェブサイトを作り、また達成のサポートをすること、それこそがウェブサイト制作者としての目的であり、意義であるといえるでしょう。