※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウェブサイト制作に携わる前に

ウェブサイトを制作する為にかかわる人数は、いったいどのくらいになるのでしょうか。
もちろん、ウェブサイトの規模や種類によっても、まるで違ってきます。
まず、制作サイドのプロジェクトチームに参加するスタッフがいます。
また、クライアントの担当者や関連するスタッフ、各部門の部長や社長、場合によっては、クライアントの仕入先や関連業者の社員など、さまざまです。これら多くの人々が、何らかの形でウェブサイトの制作に携わり、また、協力しあって、はじめて、1つのウェブサイトが出来上がります。つまり、プロジェクトに関係した全ての人に、直接的か間接的かにかかわらず、何らかのメリットもしくわ、利益を還元できるウェブサイト制作プロジェクトにしなければなりません。

総体的に見ても、インターネットを介した公共サービスの発達、教育機関への本格導入や、企業によるIR情報開示、人材確保、そして、商品販売やプロモーションなど、さまざまな場面で、ウェブサイトの社会的役割が増大しています。また、インターネットはネットワーク機器システムだけに限らず、広くほかの分野ともかかわりながらひろがっているともいえます。

さらに、ユーザビリティやアクセシビリティに配慮することや、さらに、2005年4月より施行された個人情報保護法にも示されるように「個人情報をいかに守り、適切な管理をする」かなどに、留意しなければなりません。ウェブサイト制作者は、この状況を理解した上で、さまざまなリスクを分析し、対策を事前に考慮しておく必要があります。さらに最近では、感覚的なデザインから、美術上の「デザイン」や「色彩」に基づいたインターフェース・デザインが制作上で取り入れられています。

このように、ウェブサイト制作に携わる上では、自分たちの作り出すウゥブサイトが、いかに多くの人々に影響を与えるかをしっかりと理解した上で、取り組む必要があります。