※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ライラ

読み
らいら
意味
「聖戦のイベリア」に登場するキャラクター。全曲を通しての主人公(?)。ジャケット(通常版)中央の「焔と契りし少女」である。アラビア語では「夜」「暗闇」を意味する
その赤髪・ツインテール・かぼちゃぱんつ・絶対領域を兼ね備えた姿が発表された時は、Yokoyan絵に飢えていたサンホラーたちを熱狂させた。
父を「十字を切る啓典の民」に奪われ、母を「従事で斬る聖典の<兄弟>」に奪われたという。「奪われた」が殺害されたことを意味すると断定できないが、対立する二つの宗教によって父母・娘が引き裂かれたらしい。
「父を奪った相手か、母を奪った相手か、どちらを、誰を憎めばいい?」と自問を繰り返していたが、結局一人では二者択一の解答を得ず、「誰か教えて」と訴えるほどに困憊していたようだ。
それ以外の情報は一切無く、どのような人生を歩んでいたかは不明。 
ある夜、裸足で街へ駆けだしたところ、弓箭隊と思われる一隊の一斉射撃を浴びる。何故飛び出したか、何故攻撃されたかも明らかにされていないが、彼女は背中から胸に抜けるほどの致命傷を受けて石畳に斃れる。
初回限定版についてくるカードでは、彼女の胸から飛び出している鏃に火が灯っていた。本当に火矢を射掛けられたのか、彼女の生命の象徴かは不明。ただ、「第二次領土拡大遠征」の舞台では、彼女に向けて無数の火矢が降り注ぐ映像演出がなされていた。
ここでシーンが切り替わり、彼女は薄暗い洞穴の中で一柱の「悪魔」と対峙することとなる。
この洞穴に幽閉されていた「悪魔」は、彼女に問いかける。
「諦メ顔デ無力ニ嘆クノカ?」「永遠ト謂ウ苦イ毒ヲ喰ラウ覚悟ガアルナラバ」
「共ニ生キヨウ」
――と。
ライラは、「悪魔」と共に永劫を生きる道を選択し、「焔と契りし少女」となる。
体にフィットした超ミニの黒ドレスの下に、特徴的な黒ドロワーズ、黒サイハイを装備。それぞれに特徴ある赤い紋様が縫われていおり、「美しき夜の娘」の楚々たる黒衣姿とのギャップが激しい。
もともと彼女がチャドル風の黒衣の下に、このような派手な服を着込んでいたのか、それとも契約を為した瞬間に「悪魔」が自分の趣味の服を着せたのか、議論を呼んでいる。
「第二次領土拡大遠征」では、「(ニーソとドロワーズは)シャイタンの趣味だ!」とライラが暴露していたが、他会場では「この衣装はYokoyanの趣味」とシャイタンも反論しており、いずれにしてもGJと讃えずにはおれない。
また、髪の色は、地毛と思われる茶褐色の左尾と、オレンジ色の右尾のツートンカラー。テールの先っちょで小さく括っているようだ。
オレンジ色の方には、炎を象ったような形の房が大げさなアホ毛のようにこんもり立っており、「アレは燃えてるのか」「髪飾りでは」「焔の象徴では」「洗うときどうするの」などの論点となった。
【ある詩の欠篇】は
その旅路の果てに開かれるのは何番面の扉か
という全体のシメになっている。



キャラクター名 ラ行 聖戦のイベリア
現在、auto_linkプラグインはご利用いただけません。