※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エトワールの母親

読み
えとわーるのははおや
意味
エトワールの母親。エトワールが小さい頃に亡くなったと思われる。しかし、エトワールの「妹」として貰われてきた黒犬「プルー」が、じつは母が子を想い転生してきた(または憑依した)ものとして描かれている。(CV:井上あずみ)
コミック版では、エトワールの父・レイの回想シーンに「ワロニ」という名前で登場するほか、プルーの死に際し、追憶の中でエトワールの前に立ち、我が子を抱きしめていた。
長い髪と、額の広い平凡な美人で、『見えざる腕』に登場するレイヨン=ローランの恋人と面影が酷似している。
ちなみにワロニが「Wallonië」であるとすれば、現ベルギー・フランダース近辺(ベルガ・フランドル国境付近w)のワロニー州をもじったものか。意味はケルト語で「異民族のもの」



Roman ア行 キャラクター名 コミック
現在、auto_linkプラグインはご利用いただけません。