※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イスハーク

読み
いすはーく
意味
「聖戦のイベリア」の曲中に登場する人名。『侵略する者される者』で、「褐色の狼将・勇者イスハーク」という一節がある。
全曲を通じ、名前が出てくるのは上の一行だけだが、作品世界自体が非常に情報不足(未完成)であるため、いやが上にも存在感のある人物。
彼の好敵手と思われる「歴戦の英雄・聖騎士ラミレス」と同じく、モデルとなる人物がいるかどうか解らないが、名前で候補を絞るなら、ムラービト朝最後の王イスハーク・イブン・アリー(1146-1147)などが挙げられる。
二つ名から察するに、相当勇猛な指揮官であったと思われる。敵方の聖騎士ラミレスと、どのような勝負を繰り広げていたか、非常に想像をかき立てられる人物である。
場所も時代も大きく異なるが、たとえばイングランド王リチャードⅠ世とアイユーブ朝のサラフ・アッディーンのように、対なる名として歴史に刻まれたのではないだろうか。