※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■ブリタニア王国

 

トリストラム Tristram

人物
ブリタニア王国軍の第六騎士団長。
神聖フランドル帝国による侵攻の際、後方であるランカスター城塞を守っていた。
グラスミアで帝国軍の奇襲から逃れたローザとアルヴァレスは、Uターンして南へ戻り、ランカスター城へ庇護を求めに走った。
ブリタニアの軍制は定かでないが、トリストラムはただ一要塞の城主であるだけでなく、湖水地方以北のカンブリア地方、あるいは東のノーザンブリアあたりを管轄していたのではないかと思われる。
彼はパーシファルと違って名前だけしか登場しないが、その分、色々と想像させてくれるキャラクターではある。
 


雑記
パーシファルと同じく、彼にも名前のモデルとなる人物がいる。
ワーグナーの戯曲「トリスタンとイゾルデ」で有名な、悲しみの王子トリストラムである。
ケルトの別伝説で主役を張っていたが、他の多くの騎士同様、「アーサー王物語」に吸収される形となり、「円卓の騎士」に名を連ねた。
彼の設定も物語によって色々変化するのだが、一応、戯曲中ではコーンウォール(ブリテンの南西の半島)国王の甥、というのがデフォ。
王の婚約者イゾルデを迎える目出度い使者の役目を果たす途中、二人とも誤って媚薬を飲んでしまい、そのまま恋仲となる。当たり前の話だが、決して許されない二人の恋は、やがて王国を巻き込む悲劇を巻き起こし…という風に物語は進む。
 
ちなみにトリストラムは「悲しみの子」という意味で、その生い立ちから悲運を漂わせている。「円卓の騎士」の中でも相当上位に位置づけられる武勇を持ちながら、彼はいつも悲憤して詩を歌い、涙を流しながら竪琴を爪弾く詩人でもあった。
どちらかといえば野蛮人の集まりであるアーサー王周辺の中で、例外的に教養と礼儀作法を修めている彼は、その悲恋のエピソードが無くても、十分キャラの立つ人物であった。
後世、宇宙戦艦の名前になったとかならなかったとか。

 

戻る