2012年7月16日 J-WAVE HOLIDAY SPECIAL PEPSI NEX presents ALL TOGETHER NOW!

稲:「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL PEPSI NEX presents ALL TOGETHER NOW!」をお聴きのみなさん、こんにちは!
松:こんにちは!
稲:B'zの稲葉浩志です。
松:松本孝弘です。
稲:さて、えー今日の番組のテーマはですね…この夏誰と一緒に楽しむか、盛り上がるか。えー…みんなで作り上げる…まぁすなわちTOGETHER!
松:はい。
稲:ということだそうですけども、えー、我々B'zは最近…えーTOGETHER。
松:うん。
稲:みんなで力を合わせて作ったものと言えば、えー…やはりPEPSI NEXの、えー…夏篇の、あの最新の
松:うん。
稲:テレビコマーシャルでしょうね。
松:はい。
稲:はい。
松:あの、見せていただきましたけどもホントにね、
稲:はい。
松:夏っぽくて、
稲:そうですね。
松:いいですよね。
稲:南国…
松:うん。
稲:でのライブというシーンでしたが、
松:はい。
稲:人がだいぶ並んでましたね。
松:そうですね。
稲:えぇ。
松:あの僕たちはやっぱあのライブのシーンをね中心に撮らせていただいたんですけども、
稲:えぇ。
松:たくさんオーディエンスの方々がね、あのー…入っていただいて。
稲:そうですね。
松:えぇ。
稲:あのー…ホントに普段のライブのような、えー…盛り上がっ…りの雰囲気を、えー…みなさんで協力して作って
松:そうですね。
稲:いただいて。まさにTOGETHERですね。
松:うん。
稲:えー…まだ見てない方、いらっしゃいましたら、是非!あのー…テレビを…あのー…つけて、あの…チャンネル変えれば、
松:フッフッフッ(笑)
稲:どこかで見れると、…思います。
松:はい。
稲:えー、是非見てください。えー、で、まぁこのCM…の中で、えー…使ってる僕たちの曲なんですけども。えー…これは「Love Bomb」
松:はい。
稲:というタイトルなんですけども、えーまぁ、聴いたことがある方もいっぱいいらっしゃると思いますけど「愛のバクダン」という…えー、曲が僕らの2005年、
松:うん。
稲:にシングルでリリースした、えー曲がありますけども。えー、これを英語にし、そしてまぁ、えー…再レコーディングですか。
松:うん。
稲:えーということでまぁ新しく生まれ変わった、えー曲をこのCMで使わせていただいておりますけども。
松:うんまぁ、
稲:はい。
松:こういう古い曲をね、古いというか、過去のものを…新たに…やるっていうのもまぁ、おもしろいですよね。
稲:そうですね。
松:うん。
稲:で、まぁこれ作ってたところでちょうどこの、夏篇のね、
松:うん。
稲:コマーシャルの話もあったので
松:うん。
稲:ちょうどうまくマッチしたんじゃないかなと
松:うん。
稲:思いますけども。では、ここでその「Love Bomb」をみなさんに聴いていただきたいと思います。
~「Love Bomb」~
稲:お送りした曲はPEPSI NEXのテレビコマーシャルで流れています、えー…新曲の「Love Bomb」でした。さて、PEPSI NEXの、えーTV CMソング「Love Bomb」が収録された僕たちの新作ですね。配信限定アルバム『B'z』!えー…これが7月25日から、えー全世界で配信がスタート…されます。えー…今紹介した「Love Bomb」以外に…以外にもですね、えー…「Splash」!
松:はい。
稲:それから「Juice」!「Ultra Soul」!「Into Free -Dangan-」!えーこういった曲が収録されておりますけども。えー…これっ…まぁ曲によって、あのギターをまた変えたりとかですね、えぇ。
松:そうですね。だから…
稲:いろんなことしてますけどね。
松:まぁ過去のとね、
稲:えぇ。
松:まぁもちろん歌詞が英語に変わってるんですけども、
稲:はい。
松:あのー…サウンドの方もね、いろいろと…ちょこちょこ変わってるんでその辺も、楽しんで聴いていただければなと思います。
稲:そうですね。
松:はい。
稲:あのー…日本語…バージョンと聴き比べて
松:うん。
稲:いただくのも、まぁ…楽しいかなと、思います。えー、これはまぁタイトル…「B'z」というわけで、
松:うん。
稲:えー…これ我々の1stアルバムにも「B'z」っていうの使われてますね。
松:そうですね。うん。
稲:えーそれ以来の…「B'z」ということで。
松:まぁ世界配信ですからね。
稲:はい。
松:まぁ僕らのこと知らない人達もたくさん…いると思うので最初はまぁこういう、
稲:ま、バンド名もね、
松:うん。
稲:ちょっと…これ、変わってますから、
松:うん。
稲:やっぱそういう意味で印象付ける…ということで「B'z」という
松:そうですね。
稲:良いタイトルじゃないかなと、思います。そして、えー9月から全米ツアーがスタートします。えー…みんなで作り上げる、TOGETHER!といえばまさにライブ!ですけども。
松:そうですね。はい。
稲:えー…昨年もですね、北米の方でツアーさせていただきまして、あれも楽しかったですよね。
松:そうですね。
稲:うん。
松:まぁあのー…昨年もそうですけど今年はなんか初めて東の方にもね、東海岸の方に
稲:そうですねぇ(笑)
松:行けるっていうんで非常に僕は、楽しみだなと。
稲:行ったことのない州とかありますからねぇ。
松:うん。であんまりこう、どっちかっていうと東側って…ん、あんまり
稲:あんまりね。
松:ロックとかかってないしね。
稲:イメ、そういうイメージありますね、
松:あぁ。
稲:やっぱり。
松:うん。
稲:ホントにお客さんが来てくれるんだろうかという
松:そう(笑)
稲:気持ちも多少ありますけど(笑)
松:楽しみもありなが…不安もありますね、これ(笑)
稲:そうなんですね(笑)
松:うん。
稲:えー、でもまぁ行ったことのないところでライブができるというのは、この上ない幸せですね!
松:うん。
稲:えー…今年は、まぁえー…、まぁ今言ったように去年よりね、
松:うん。
稲:もう少し、えー範囲を広げた、えー場所でのライブとなりますけども、是非!あの…チャンスがあったら、海外になりますけども、皆さん遊びにいらしてください!
松:うん。
稲:ということで、えーここで配信限定アルバム、えー『B'z』から3曲続けてお送りしたいと思います。えー…最初にお送りする曲は「Splash」ですね。
松:うん。
稲:えーこれは去年の、えー…C'monツアーでも
松:そうですね。
稲:ステージ上で
松:うん。
稲:披露してましたけども。
松:うん。英語になってすごい変わった感じがしますねこれはね。
稲:そうですね、非常にまたファンキーに
松:うん、雰囲気が。
稲:なりましたよね。
松:うん。そうだね。
稲:はい。
松:うん。
稲:あのー…ツアーで聴いた方、えー…これまたCD音源で聴くというのも、
松:うん。
稲:CDと…配信ですけども(笑)
松:配信ですけどね。
稲:えぇ。…これもまた、えー…こう興味深いんじゃないかなと、思います。そして2曲目は「Ultra Soul」。
松:うん。
稲:えー…これは…、えー…まぁ…元々のオリジナルの日本語バージョンがですね、
松:うん。
稲:もう…かなり押しが強い
松:そうだね。
稲:仕上がりになってるんで
松:うん。
稲:非常にまぁ英語にするというところが難しいところでもあるんですけど。
松:あぁ。
稲:…まぁあのー…、みなさんに協力いただきまして、
松:うん。
稲:えー…また面白い形になったかなと。
松:結果的にはすごい良かったですね。
稲:はい。
松:あのー…ミックスなんかもね、あの日本版と、日本語版と
稲:そうですね、だいぶ変わりましたね。
松:全然違って面白いと思います。
稲:はい。そして3曲目は「Into Free -Dangan-」ですね。
松:うん。
稲:えー、これはもうみなさんもご存知かと思いますけど、ゲーム「ドラゴンズドグマ
松:うん。
稲:えー、この主題歌ということで、えーあのゲームの中の場面を使った、あのプロモーションビデオとか
松:うん。
稲:えー非常に、面白かったなと思いますけども。えー…ということで、えーこの「Splash」、「Ultra Soul」、「Into Free -Dangan-」この3曲をお聴きください。ということでB'zの稲葉浩志と、
松:松本孝弘でした。


名前:
コメント: