ペプシネックス TVCM「Tshirts Live」篇 インタビュー

(Q:2011年はどんな年でしたか?)
稲:えー、2011年は、えー…ペプシのコマーシャル、えー…僕らにとっても初めての、えー…経験で、えー、そしてまぁ、えー…1day special liveと、えー…もうホントに、1年間ペプシさんと、えーピッタリ、寄り添った1年だったなぁと、思います。えー、テレビコマーシャルの、影響だと思いますけど、えー…いろんな人に「見たよ」と、えー…言われた印象がありますね。
松:えー、デビューしてもう今年で24年目になるんですけれども、ホントにあのー、去年は、初めてづくめの…ことでねぇ、えー、コマーシャルも初めて経験させていただいて、すごく楽しかったし、それを実際オンエアされているのを、テレビで、観るのも何かこう…とても、何とも言えない楽しい感じでした。…えぇ。今年もよろしくお願いします。
(Q:今回の撮影はいかがでしたか?)
稲:えー、日本は冬ですけども、えー暖かい、えー…場所に来て、えー…街の皆さんと一緒に、えー…楽しい収録をさせていただきました。えー相変わらずスタッフの方々も、えー…動きも素早く(笑)、段取りも良く、えー…ホントに快適な撮影でした。
松:えー、このコマーシャルの撮影を通してまぁ、いろんな所に連れて行っていただいて、そして今稲葉君が言ってましたけど、ホントにスタッフの皆さんの、えー手際の良さというかですねぇ、あのー段取りの良さとかね、ホントいつもすごいなぁと思います。
(Q:今回の新曲「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」について)
稲:えー昨年ツアーをやってる、えー、その合間で、えー…スタジオに入ってこの楽曲を制作しました。えー…まあずっとライブをやってる中で、スタジオに入るってのは、またこれはこ…あの、新鮮で、あのー…楽しくレコーディングに臨めました。えー…GO FOR IT, BABY、えー、キオクの山脈-、えー…この曲はですね、えーまぁ我々がこう…、今までこう経験したこと、例えば良い経験をしたらまぁ、その、あの経験をもう一度と、そんな気持ち、え…逆に嫌な経験だと、それにこう、囚われたままという、えー…まぁ、要するに記憶の山脈に囲まれて、えー…暮らしてるんじゃないかなと、えー…思い、えー…これをGO FOR IT, BABYということで、それを乗り越えて、えー…生きていこうじゃないかと、えー…そういうつもりで書きました。
松:えー曲の方はですねぇ、あのー…このペプシネックスの話を、えー来年もというね、えーこの話をいただいた時から、えー、こういったビートでいきたいなというね、わりとすぐにアイディアとしては浮かんできて、えー…制作も…あんまり途中でこう滞ることなく、非常にスムーズに進みました。えー僕たち自身もとても気に入ってます。
(Q:「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」は、50枚目のシングルになりますが)
稲:えー今回の、えー、このGO FOR IT, BABY、えー、-キオクの山脈-は、ちょうど50枚目の、シングルにあたるということで、えー…これをペプシさんと一緒に、えー…やれたのも、何かのご縁じゃないかなと…思います。
松:50枚目ということでですねぇ、えー、残念ながらあのペプシネックスのCMでは、聴けないんですけど、スペシャルな箇所もあるんで、是非、CDで聴いていただきたいと思います。
(Q:今後「GO FOR IT」したいことは?)
稲:えー、月並みなんですけども、えー…僕たちにとってはそのー…、たと…例えばライブを、えー…一本一本確実にやる、えー…作品をしっかり作る、えー…そういうことが、ホントに一つ一つ、えー…毎回、GO FOR IT、えー…そういう姿勢で、臨んでることです。
松:…えー、ホントに今彼が言った通りもう、例年のご…と同じように、もう音楽を…真面目に、丁寧に、やるしかないと、いったところでしょうか。
(Q:2012年の目標とは)
稲:えー、我々の活動が、えー…まぁ楽曲を制作する、それから、えー…ライブをやるという、えー…この二つが中心なんで、えー…それをまぁ、ぶれないで、しっかりと、やるというのが、えー…今年の、目標ですね。
松:えー…今までと変わることなくですねぇ、ホントにあの先ほども言いましたけれども、えー…音楽を、しっかりやって軸がぶれることなく音楽に集中して、えー、25年目ということでですね、あのー…、今までホントに応援して下さったファンの皆様にも、えー何らかの形でね、えースペシャルな、えー…お礼をしたいなという風に、思っています。
(Q:新しくなったペプシネックスとTV-CMについて一言お願いします)
稲:えー、2012年の、えー…この新しい、えー…ペプシネックスの、えー…テレビコマーシャル、えー…我々の楽曲と、えー…共に、えー素晴らしい、あのー…コマーシャルになっております。是非皆さんあのー、たくさん観て下さい。
松:えー、昨年に引き続きですね、えー2012年も、この、ペプシネックスと共にですね、えー快進撃をしたいと思います。よろしくお願いします。


名前:
コメント: