1999年5月7日 NHK-BS2「松本孝弘ソロ・プロジェクト~B'zへの挑戦~」TAKUROとの対談

T…TAKURO

松:今アルバム何枚ぐらいですか?
T:えー今はですね、インディーズ時代のアルバム…も入れますと…オリジナルアルバムだと…4枚ぐらいかな?4、5枚くらいですね。
松:あぁホント。
T:うん。
松:僕『REVIEW』は買いましたよ。
T:あら(笑)
松:フフ(笑)
T:いや、それを言うなら俺、『Pleasure』買いましたよ、発売日に(笑)
松:あぁ(笑)ありがとうございます。
T:ちょうど、何か…地元の函館に帰ってて、
松:うん。
T:でそしたらね、夜中にこう、友達とドライブしてたんですよ。
松:うん。
T:そしたらコンビニにありましてね。
松:うん。
T:これ聴こう!とか言って(笑)
松:ハッハッハッ(笑)
T:その、こう買った後に、TAKUROさんですよね、握手して下さいとか言われたりして(笑)
松:うーん。
T:ちょっと照れくさかったですけどね(笑)
松:へぇ~。
T:あの…完全にこう…歌詞と、書く人と、この…曲を作る人っていうのは、もうずぅーっとその、二つの線は、今、今日までこう崩れてないっていうのは、
松:うんうんうん。
T:あれは、いっ…どういう曲作りをしてるのかなって。ずぅーっと聞いてみたかったんですけどね。
松:あぁ~、僕らはねぇ、
T:はい。
松:あのねぇ、最初はほんとフォークソングなのね。
T:あぁ、じゃあギター…
松:僕だからピアノは弾けないんで、
T:はい。
松:ギター一本で、そのー、歌うじゃないですか、メロディーを。
T:うん。
松:でそれを、ラジカセに入れて、
T:うん。
松:それを稲葉に聴かせるの。
T:うん。
松:で、彼がメロディーを覚えて。で、ウチは仮詞を全部英語で書いちゃうんだけども、
T:はい。
松:で、それから…アレンジを始まる。
T:あ、もうそこ…だけ取るともう、バン…バンドですね。
松:うーん。
T:なんかこう…メロディーまずあって、
松:うん。
T:それに言葉を乗せて、それから「さぁ!」っていう所が。
松:うん。だから、あのー…基本的に全部曲先なんだけども、
T:はい。
松:あのー…まずはコードとメロディー、
T:はい。
松:が一番最初ですねぇ、うん。GLAYは?
T:僕の場合、あのー…そうだ…6:4ぐらいで曲先…だったりするんですけど、
松:あぁー。
T:でもたいてい、こう…仮歌詞…が、
松:うん。
T:そのままOKになるってことが多いんですよね。
松:あぁ、あぁ、あぁ、あぁ。うーん。
T:何か、何となく出てきた言葉を…こう…テープにこう録ってって、後からこう…改めて詞を書きなおすんですけど、
松:うん。
T:その…最初に…こう降って沸いた言葉のインパクトに
松:うーん。
T:勝るものはなかなか…
松:うん。出来てこないですよね。
T:出来ないっていうのがあって。
松:うん。でも一人で両方やるとやっぱりその、曲先詞先ってのはやっぱ両方ありますよね、きっとね。
T:はい。
松:うーん。
T:で、そこでアレンジにこうもっていくときは…やっぱり松本さんがこうイニシアチブを取ってられるんですか?
松:まぁ基本的にあの…プロデューサーというクレジットがされているんで、
T:うん。
松:だから、そうだねここねぇ…やっぱり何年ぐらいだろう…その三年、ちょうどコンサート来てくれたぐらいの頃かなぁ、
T:はい。
松:ぐらいから徐々にねぇ、あのー…稲葉がすごいそのサウンド作りに参加し始めて、
T:はい。
松:今では相当アイディア出しますよねぇ。
T:あぁー。
松:うーん、だから、それを結構。で、他のメンバーなんかもさぁ、
T:はい。
松:例えば、色々アイディア出してくれるじゃないですか。
T:はい。
松:だからそれをねぇ、結構ね、あのー…まとめるのがなかなか大変になってきましたよね。
T:あれですか、あのー
松:ん?
T:最初にあのー、曲を…こうじゃあ二人で詞も書いて曲もこれ「いいじゃない、いいじゃない!これはすっごいいい!」っていうの…と、
松:うん。
T:あと、「これどうかな~」ってちょっと半信半疑なののその二つってやっぱあると思うんですけど、
松:ありますねぇ、うん。
T:どっちが上がりとして、こう早かったり、
松:うーん…。
T:何かマジック生まれたりってあります?
松:まぁその曲にもよると思うんだけども、
T:はい。
松:あのね、稲葉なんか詞ぃ書く立場として、そのメロディーが自分で気に入っていれば気に入ってるほど、書きにくいって言ってた。
T:あぁ~。
松:うん、詞を。うーん。
T:うん。
松:して、でー…うーん、そうだな、どっちだろう。だからホントにさぁ、簡単にまとまる時あるじゃないですか。
T:そうですね、うん。
松:うーん。なんだけど、その曲についてずぅーと何週間もやってる時もありますよねぇ。結果的にはでもどっちがいいんだろう。
T:そのだから自分たち…がこう…、バンドでアレンジ…していく、ウチのバンドっていうのはとにかくデモテープがすごい…嫌いなんですよ
松:あぁ。
T:だからね、
松:じゃあメロディーと、言葉…と、スタジオに持っていく
T:そうですよ。だから、あのー…わりと…こう…打ち込みとかにも興味があって、
松:うん。
T:こう趣味ではやったりするんですけど、
松:うん。
T:こういざじゃあバンドで曲を持っていこうって時は、あの…それじゃあ、新曲出来たんで
松:うん。
T:歌います、って言って(笑)こう歌うんですけど。
松:うん。
T:もう滅茶苦茶ですよ、俺。でぇ、
松:ギター一本で歌うわけ?
T:ギター一本で歌うんですけど、ここは俺、高い声出ないけど、
松:うん。高音はあるからね。
T:メロディーは上がるから、出してねっていう。
松:うん。うんうん。
T:あとここって息継ぎないけど、
松:うん。
T:いき…息継ぎはしないでねって
松:うん、あぁなるほどね。
T:こうボーカル…のTERUにこう…無理難題を…要求するんですけど
松:うーん。
T:それはもう高校時代から変わってないんですけどね。
松:うーん。
T:その度にこう彼は…何て言うのかな…自分の予想以上のもの返ってくるから、
松:うーん。
T:こーれは、ホントに
松:いい歌ですよね。
T:やめられないなぁ、っていうそういう醍醐味はありますけど。
松:あぁ~。
T:でもデモテープを一回ねぇ、
松:うん。
T:デビューして2年ぐらいの時に、こうカッチリ作って持ってったことあるんですけど、
松:うん。
T:それだったらね、たった一言メンバーが、
松:うん。
T:じゃあこれ出せばいいじゃんって言われて(笑)
松:ハッハッハッハッ(笑)
T:それですっげぇショックだったんすけどね、俺そん時(笑)
松:え、じゃあ今はホントにギターで弾いてぇ、
T:はい。
松:歌ってぇ、メロディーを覚えて、
T:はい。
松:そっからそのリズムアレンジだとかぁ、
T:うん。
松:その外のがわを固めていくんですか。
T:そうですね。
松:あぁ~。
T:で、…ここ一年ぐらいだから自分で曲もう…中学校ぐらいからこう作ったりすると、
松:うん。
T:自分の好きなコード進行とか、あと、サビ前の行き方とか
松:うん。
T:転調とかでも、一つ…何て言うのかな…傾向が出てきちゃうっていう
松:あぁ~。
T:…ってのがあって、
松:うん。
T:でー、何とかこう…アレンジとかね、そういうリズムパターンとかでどんどん変えていきたいなぁって思ってたんですけど、
松:うーん。
T:やっぱりこう…曲に…が呼んでるリズムとかアレンジって…
松:うんうん。
T:絶対あったりして
松:うんうん。
T:そこでいつも…迷います。
松:うーん。それがでもほら、なかなかそのさぁ、
T:うん。
松:曲が呼んでるリズムが出てこない時があるじゃないですか。
T:そうですね。
松:うーん。
T:気のせいか何か、年々…出てこないのが…(笑)
松:あぁ、でもやっぱりねぇ…
T:何かね、ずいぶん出てこなくなったなぁって思いますね(笑)
松:たくさんだから作品をリリースして
T:うん。
松:きたからじゃないですかねぇ。で、ほら今言った、TAKURO君が言ったみたいにその、自分の…そのスタイルみたい…のにさぁ、自分自身が飽きちゃう時がくるじゃない。
T:えぇ。
松:うーん。で飽きて、もう一周すると何かそれもまたよく聴こえたりね。
T:あぁ~。
松:うーん。
T:割と曲作り…の出発点っていうのは…松本さんどういう所…したりするんですか?
松:僕はねぇ、…あのー、GLAYってストックしてる曲たくさんあります?
T:…うーん、そうですね。
松:うん。
T:ある方…ですけど、ま、なるべくこう触らないようにして、
松:あぁ。
T:新しいもので行きたいなと思うんですけど。
松:あぁ、うん。
T:でもやっぱり、三年経ってようやく…出来るなっていうのもあったりするから、
松:うん。
T:まぁ多い方だと思うんですけどね。
松:うーん。僕たちはねぇ、そのストックっていうのは一切無いんですよ。
T:ほう。
松:だからその曲を作るっていうのは、レコーディングのそのスケジュールが決まった時点で
T:はい。
松:作り始めたんだけどもぉ…、最近は…(笑)スタジオに行ってから作るんだよね(笑)
T:スタジオ(笑)じゃあ…初日行った時点では何も無いんですか(笑)
松:何も無いですよ。
T:松本さんの頭ん中だけにある…
松:ある時もある。
T:無い時もあるんですか?(笑)
松:無い時もありますよ。それで行って、とりあえずしばらく…あのー…なかなかほら、ツアーばっかりやってるとたまに曲の書き方忘れたりするじゃないですか。
T:あぁでも、まさに今俺そうですよ。
松:あぁホント。
T:うん。
松:でちょっとさ、スタジオに、での生活を続けないとこう…何かほら、やり方がこう…返ってこなかったりするじゃない、自分で。
T:はい。
松:でー…、しばらくだべって、
T:はい。
松:話をして、
T:うん。
松:で、そろそろじゃあ…いいかなっていう時に僕一人でブースに入って、
T:はい。
松:でメロディー作って、そっからですね。
T:あぁ~。
松:うーん。
T:何か、その時々の…時代って…いうのはどれぐらい…入りますかね?
松:…え、時代っていうのは?
T:その…何て言うのかな…
松:流行りみたいなこと?
T:…まぁ音楽的な流行りもそうだし、
松:うん。
T:世の中の何かこう…荒んでいく様をこう…日々こう暮らしていく中で、感じて…る自分と、
松:うん。
T:あと昔からこう…こういうのがやりたかったんだよなぁっていうその自分がいる中で、
松:あぁなるほどね。
T:その…曲ってものにどれぐらい…俺すごい影響されちゃう方だと思うんですね、多分。
松:うん、うんうんうん。
T:それはもう…今流行っ…てるリズムパターン一つ取っても
松:うん。
T:何かあぁ、こういうのって…すぐやりたいなぁって思っちゃう
松:うん。
T:タイプだったりするんですよ。
松:うん。いや、それをやるのはいいと思いますよ、すごい。僕らもきっとそうしてきたと思うし、
T:うん。
松:あのー…、まぁこれが…ほら、何をもってしてさぁ、その結果が良かったかっていうのはさぁ、まぁそれは数字だけじゃないと思うけどもさぁ、
T:うん。
松:何かこう…そういうことに順応していきたい時期もあったし、今は逆行していきたい時期なんだよね(笑)
T:逆行して、あぁ~何か分かる(笑)
松:だからまた順応し…しぜざる、せざるを得ない、ってのは良くないなぁ、…したくなる時が来るかもしれないですねぇ。
T:うーん。
松:うーん。でも、B'zがやってもGLAYがやっても、結局、GLAYはGLAYなりのGLAYサウンドになるしさぁ、
T:はい。
松:ねぇ、そういうどんな新しいもの取り入れたとしても。
T:うーん。
松:僕らもきっとそうだろうし。だから色んなことにホントにトライしてけばいいと思いますけどねぇ、うん。
T:うーん。
松:GLAYって、
T:はい。
松:すごいねぇ、こう…人柄が出てると思うんだよね、音楽に。その四人の。
T:はい。
松:で、もちろんそのベーシックを、TAKURO君が詞を書いて曲を書いたりするじゃない。
T:はい。
松:きっとこの人たちすごい優しいひ…男たちなんだろうなぁっていうねぇ。そういうのはとってもねぇ、伝わってきますよ。
T:ハッ(笑)出てますか?(笑)
松:ホントに。
T:へぇ~。
松:ん。
T:あぁ(笑)まぁ、うーん、そうだろうなぁ(笑)
松:その例えば、ルックスとさぁ、…まぁ、から入ると何かこうちょっと…この人たち難しい人たちなのかなぁ、なんて思う人もいるかもしんないけど、
T:はい。
松:俺やっぱりね、同じ音楽作るもんとしてねぇ、音聴くとわかるよね、うん。
T:あぁ~。
松:うーん。
T:松本さんのソロアルバム聴かせていただいたんですけど、
松:あぁ、そうですか?ありがとうございます。
T:うん。…こう…やっぱりこう、B'zとしてこう…曲を作ってプロデュースして…ギターをガンガン弾いてるっていう、その何て言うのかな。…強いイメージが自分の中にあったんですけど、
松:えぇ。
T:割とこう、歌を聴いてると…あっ!歌を…歌ったり詞を書いたりする時ってのはこういったちょっと弱い部分も出すんだなっていうのは
松:うんうん。
T:それこそ、そういう部分を出すのは稲葉さんだけの専売特許じゃなくて、
松:うん。
T:やっぱり、曲作りの段階で…あるんだなっていうのはすごく感じましたね。
松:あぁ、なるほどねぇ。
T:うん。
松:うん。
T:あとこう…洋楽テイストがすごい強いと思ってるんだけど、でもどっか和、和、和モノである…
松:あぁあぁ。
T:っていう。
松:それは稲葉にもねぇ、よく言われますね。
T:あぁ、そうですか。
松:一緒にやってて、すごいその和の
T:うん。
松:テイストがあるって、うん。
T:うん。
松:…うん。
T:話は変わるんですけど、あれですよ。あの…全然逸れちゃうんですけど(笑)初めて…その、武道館のライブ観に行った時に、
松:うん。
T:…すっごいね、
松:うん。
T:…楽しんでる自分がいるわけですよ。自分の中で。もう楽しくて。
松:あぁ、観てて?
T:観てて。
松:うんうん。
T:…少なからずその…メンバー全員行ったんですけど、
松:えぇえぇ。
T:GLAYのコンサートのあり方に俺影響あったと思うんですよね。
松:あぁ、そうですか。
T:それはあの、…それこそ僕…とか、はアルバム…もこう聴いてた方だけども、
松:うん。
T:他のメンバーとかはこうシングル曲しか知らないっていう
松:うん。
T:人たちもいた中で、
松:うん。
T:でもやっぱり、圧倒的な…何かこう…パフォーマンスがあって、それはもう…曲がレコードになって、それがライブでやっ…ていくうちのその成長具合も多分すごいと思うんですけど、
松:うん。
T:その…何つーのかな、メロディーがメロディー以上になったり言葉が言葉以上になるのも、俺日本人で観たのはホントに、生で観たのはもしかしたら初めてかもしれないですね。
松:あぁ~そうですか。やっぱりグ…バンドってさぁ、やっぱりその…ツアーを続けないと…
T:うん。
松:ダメだね。
T:そうなんですよ。
松:ね。うーん。すごいだからもう、
T:うん。
松:何て言うのかなぁ、もちろんその今後出来てくるさぁ、作品とかにも影響してくるだろうしさぁ、あとそのー…、何つーのかなぁ、…稲葉と…お、俺の中…もちろんその例えばTERU君だとかねぇ、
T:はい。
松:TAKURO君だとか、あのー…そういうステージ上でさぁ、…何つーの?言葉に出来ないんだけどその分かり合う瞬間ってあるじゃない。
T:うん、うん。
松:うん。うん。あーいうのがねぇ、何てのかな、ほんとグループやって良かったなぁなんて思う時がありますよね。だから、まぁ実際にそんなことはないけど、前の日にさぁ、
T:はい。
松:大ゲンカしたとしてもさぁ、
T:はい。
松:もう全部許せるみたいなところがね、
T:あぁ~。
松:あの時間にはあるんだよね。
T:やっぱりコレだよね!っていうのは
松:うん、うん。
T:すごい…あるかもしんない。でも昔から…自分の中にやっぱり…あるのが、こうシングルって言うのは、
松:うん。
T:こういうもんだろとか、アルバムの…まぁレコードで言えばB面の一曲ってこういうもんだよなっていうのは
松:うん。
T:おぼろげながらあったりするんで、だから…、何か…シングルの…役目っていうのをね、何かやっぱり非常にちょっと意識したりもしますけどね。
松:うーん。
T:うん。
松:まぁそれが一番こう、その判断される大きな要因になるしねぇ。
T:うん。
松:うーん。まぁ月並みだけど、でもその…すごいセールスっていうことはさぁ、あのー…まぁ、それだけの人が好きで、買ってまで聴きたいっていう、ものが出来たという満足感はあるし、
T:うん。
松:嬉しいじゃないですか、やっぱり。
T:うん。
松:でー…、そうすると…当然その…何て言うのかな…。何て言うのかな、その…セールスがあってさ、自分たちのその音楽を作っていくためのさ、環境作りに投資ができるじゃないですか、すごく。
T:うん。うんうん。
松:うん。それはねぇ、あのー…ちょっと、言い方良くないかもしんないけど、そのー、ヒットさせて良かったなっていうのはありますよね。うーん。
T:いや、それってやっぱり、…じゃあ僕ら…がB'zのライブを観に行った時に、
松:うん。
T:こう諸手を上げて楽しかったっていうのはやっぱり、…シングルヒットの…何つーのかな、功績ってすごく大きかったと思うんですよ。
松:それはありますね、うん。
T:だから、入り口がすっごく広くて、
松:うんうんうん。
T:でー、こうやっぱりどんどん入っていくうちにすごく深い世界にはなっていくんだろうけども、
松:うん。
T:その、何て言うのかな…こう随所随所にそう…自分たち…の、思い出とか日常とか…のBGMになってたあの曲がこう…コンスタントにこう出てくることによって、
松:うん。
T:すごく、何て言うのかな。自分と重ねやすかったっていうのはやっぱりあると思うんですよね。
松:うーん。
T:すごく大雑把な言い方をするとすると、ポップじゃなかったら、
松:うん。
T:成り得なかったろうなとは思いますね。
松:うんうんうん。
T:出会い、だい…出会いもしなかっただろうしっていう…
松:うん。
T:そういう、良い曲っていうことは。
松:うん。まぁ作るからにはねぇ、
T:はい。
松:やっぱりそのー、聴いてもらいたいですよねぇ。うーん。


名前:
コメント: