※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ツン「ね、これ買わない?」
男「なんだ壺でも売りつけるつもりか?」
ツン「し、失礼ね…これよ、これ!」

二つ合わせるとLOVEの文字がでるハート型ネックレスを指している。

男「…ツン」
ツン「何よ?」
男「年齢を考えろ」
ツン「?」
男「こんなん平気でつけるのは中学までだぞ…普通に考えて」

(8000円)

男「せっかくなんか二人で別々に持っていられる物を探そうっていったんだから、もうちょい味のある…」

(8000円だと?)

ツン「でも…」
男「気持ちだけは、解る…だが、一般人と同じ事をして工場の大量生産された無機質なシルバーアクセが良いのか?果たしてそこに愛はあるのか!?」

(ざけてんじゃねぇぞ!こちとら入院生活で溜ってるんだ!8000円も飛んだら、つ○みちゃんが買えないじゃねぇか!)

ツン「むぅ…」

ツン「!」
ツン「じゃあ、良いこと思いついたわ!」
男「(計画通り)」

(俺を口先の魔術師とでも呼んでくれ…)

男「で何にするんだ」ツン「貝」
男「貝?…あぁ、この前海で拾った奴か」
ツン「これを…貝さんごめんね(パキッ)で貝合わせ」
男「(金かからないし)良いな…綺麗で」
ツン「無駄に重圧を感じるんだけど」
男「気のせい」
ツン「…ま、良いわ。それじゃ、ハイ」

つ貝

男「これで寂しい時は俺を思い出せるな」
ツン「…うん!」
男「…」
ツン「バ、バカね、男の冗談に釣られてあげたのよ」
男「そうしとく?」
ツン「…バカ」
男「はは、それじゃもう消灯だから…部屋行くわ、お休み」
ツン「…お休みなさい」
男「…ところでさ」
男「貝合わせってエロく(ry」
男「寝よう…」

~鬼ツン~

ツン「…」
男「…」
ツン「…」
男「なぁ」
ツン「なに」
男「何読んでる?」
ツン「人間失格」
ツン「男は?」
男「この胸いっぱいの愛を」
ツン「ふぅん…」
男「面白い?」
ツン「目の前に人間失格って言うか、男失格がいるけど」
ツン「面白いわよ?」」
男「…てめぇ」
ツン「この不能」
男「どうやらまだ手を出していなかったが、本気を出す時が来たみたいだな」

ツン「つナースコール」
男「ひ、卑怯な…」
ツン「私が本を読んでる時は話しかけない方がいいわよ?」
男「あははははは」
ツン「うふふふふふ」
男「あははははは」
ツン「うふふふふふ」
男「あはは(ポチっ)…今…押したな…」
ツン「あ、看護師さん!ムラムラした男くんが襲ってきて…!」
男「ツンてめぇ…!」
ツン「おいかけっこ頑張ってね」
男「後で覚えとけよぉぉぉぉぉぉ(エコー」

ツン「話ってなんですか?」
医者「実はね、君に黙っていたことがある」
ツン「?」
医者「君の病気は薬以外に手術か臓器移植で延命することが出来る」
ツン「…何故今になって言ったんです」
医者「本当はずっと黙っているつもりだったよ…君は体力が落ちる一方だったからね。
でも男君と二人でいるようになってから肉体的にも精神的にも支えが出来た」
医者「もし男君と出会わなければ、僕は無駄な期待を持たせたくないから言わずに墓場まで持っていくつもりだったよ」
医者「でも今は可能性がある」
ツン「だから話した」
ツン「…どれくらい伸びますか?」
医者「こればかりは術後の経過に左右されるが…少なくとも五年から十年延命できる」

ツン「(あと五年も男と一緒にいられる…!)」
医者「ただし」
ツン「…」
医者「かなり戻ってきた君の体力でも、成功確率は…」


医者「二、三割だ」


ツン「!!!」
医者「それでも少し多く見積もったよ」
ツン「…」
医者「君は余命を知った時、もう生きていたくない…という顔をしていた」
医者「今は違う…あと五年生きられる可能性を聞いた顔は、誰よりも『活きて』いたよ」
医者「薬での延命はやめることにしたね?でももう一度だけ見つめ直してみなさい」
医者「生きていたいと願う気持ちは、何より固いはずだよ」
ツン「…はい」

男「(最近体の調子がおかしい…)」
男「母さん」
男母「ん?」
男「俺の病気って…」
男母「どうかしたの?」
男「いやなんでもないよ」
男母「変な子」
男「(何かある…)」
男「(隠されてる)」
男「(何も知らなかったなんて、言い訳を使って生きるのはごめんだ!)」
男「…」
男母「あ、じゃあ母さんは仕事に行くから…」
男「行ってらっしゃい、ありがとう」

ガラガラガラ(ドア開)

男「待ってました」
医者「…ただの回診なんだけどな…」
男「聞きたいことがあるんですよ」
医者「何かな?」
男「俺の病気は完治しないたぐいの病気ですね?」
医者「親の許可が無いと…教えられない」
男「それで十分」
男「聞きたいことは解りましたよ」
医者「…。」
医者「…待ちたまえ」
医者「…来なさい」
男「…診察室か」
医者「今から見せるのは一切他言無用だ…僕は首だし、君にも良いことはない」
医者「診てごらん」

レントゲン二枚…?

医者「ここが見えるかな…ここ!ここが悪いんだ…」
医者「…右の方も見てごらん」

男「ほぼ同じじゃないですか」
医者「だから困ってるんだよ」
医者「このレントゲン二枚は君とツン君のものだ」
医者「君達は同じ病気で近い部位に問題がある…が重複してはいない」
医者「余命の差異はあれど…ね」
男「俺の…余命?」
医者「聞くかい?」
男「…(コクり)」
医者「…(ピッポッパッポ)もしもし…毎度お世話になっております、いきなりで申し訳ありませんが…」
医者「――はい。解りました。」
医者「お母さんが許可を出したよ」
医者「ちなみにツン君のお母さんは自分で気付いた時は言ってあげてくださいと言っていたよ…自分は知らないふりをするから…と」
医者「君のお母さんと考えは違うけど、どちらも愛情があるから出来ることだね」
男「母さん…」
医者「…長くなった。君の余命は10ヶ月前後…これからの増減はもちろん考慮していない」

男「…はぁ…。」
医者「?」
男「良かった…」
医者「よ、良かった?」
男「いや、だって何もしなけりゃツンの方が先なんでしょう?残される方も残して逝く方も同じだけ痛いけど…俺はツンの泣く姿が見たくないですから…」
医者「…君が辛いだろうに」
男「そりゃ辛いですけど、もし逆でツンが何ヵ月も俺のために泣くとしたらそれは先に死ぬわけにはいかない…立派な理由になりますよ」

医者「…」
医者「…ぷっ!あははははは!!!!!」
医者「前向きだねぇ!ツン君の家族も君も!まるで僕だけだよ、囚われているのは」
男「…」
医者「いいだろう…少々医者としてやり過ぎだが、良いことを教えよう」

先生がツンにした話を聞いた。

医者「ふふ…やはり同じ顔をする」
男「ツンもですか?」

医者「人間なんてのは遅かれ早かれ死ぬんだ。今日事故で死ぬかもしれないし、五ヶ月後に病気で死ぬかもしれない…でも少しでも長く生きて、少しでも長く愛せたら」
男「俺は…」
医者「もう少しだけ考えてみたら良い。『全ての真実』を知るのは僕と君だけになったんだからね。」
男「確実な余生か」
医者「夢のような未来か」

二割、三割。

医者「まだ時間はあるよ…悩んで悩んで悩み抜け」
医者「その先にしか答えはないよ」

男「はい」
医者「(覚悟を秘めた目か…)」
男「失礼します」

医者「ふぅ…若いなぁ…」

ツン「お団子ー」
男「…」
ツン「どうしたの?たのしくない?」
男「いや、ハロウィンだの月見だんごだの一般家庭じゃほぼ完全に消滅した風習をよくやるな…」
ツン「…せっかくのイベントなのに、やらない方が損しない?」
男「(料金は全て俺持ちだけどな?)」

というわけで

ツン「ほぇぇぇ男ぅ…好きだよ…♪」
ツン「男ぅ…泣くぞ…」
男「…orz逃げ場がないじゃねぇか…」

(いや、ある)

(ツンのDカポーだ!以前はC上と誤認したが…今度こそは!確実に!仕留める!)

あの谷間になら行ける…俺なら…!

男「おっぱゴフッゥ!!!」
ツン「(ヒュンヒュン)」

これが後に語られる酔拳フリッカーの始まりだとかそうでないとか。

ツン「トリックオアトリート!」
男「はい、飴」
ツン「お菓子をくれないと、食べちゃうぞ」
男「いやだから飴」
ツン「おりゃー」
男「ぬうわぁ!」

良い子の皆に解りにくくいうとただいま騎乗位の状態です。

ツン「唇いたらきまーす」
男「酒くせぇ!どこの病室で飲んできたんだコイツ…」
ツン「いたらきまーす…♪」
男「始末におえねぇ…ッ…つかデジャブすぎる!アーッ!」
ツン「すぅすぅ…」
男「あれ?」
男「…」
男「…何かもったいないことした気がする…」

看護師「男くん」
男「はい?」
看護師「出来る限りツンちゃんの心のそばにいてあげてね」
男「…はい」
看護師「死んでも守ってあげてね?」
男「…死んだら守れませんよ?」
看護師「じゃあ…」

看護師『死が二人を分かつまで』
看護師「お願いね?」

男「…解りました。」
看護師「あとクリスマスがツンちゃんの誕生日だから忘れちゃダメよ!」

男「…はい」

楽しくて、仕方ない昼は一瞬で。辛くて仕方ない夜は長すぎる。
誰かが犠牲となる解は正解などでありはしない…。…しかし。



…ぴっぴっぴっ…。

電子音が鳴る。

ピッピッピッ…。

聖夜の夜にツンの手術は行われた。

ツン「…」

約束の貝が俺の首の辺りで煌めいてる。
手術中のランプ。

男「…」

今日はツンの誕生日だった。嬉しさのいりまじった照れた顔が見たくて、大枚はたいて8000円のシルバーアクセを買った。ポケットの中。

これがきっと、人生最後の恋だから。


…手術中のランプが消えた。


バクン。

音量がおかしくなった俺の心臓が跳ねる。

医者「終わりました」
ツン母「…。ありがとうございます…!」
医者「…」
ツン母「ほら、男くんも来て」

聞きたくない。
でも聞かなきゃ。

ツン母「…それで…娘は…?」
男「…。」


医者「手術は成功しました。ただ術後の経過を見ないと、はっきりとしたことは言えませんが…」

ドサッ。

男「良かった…。良かった…。本当に…。」
ツン母「…!本当に、本当にありがとうございます…!」
医者「まだお礼は早いですよ、お母さん。じっくり見ていきましょう…当面は大丈夫なはずですから」

良かった…

良かった…。

良かった……!


気づくと俺は泣いていた、自分の病室で。

医者「今晩和」
男「こんばんわ」
医者「…何故君の部屋に寄ったか解るかな」
男「…さっぱり」
医者「…君は鋭いのかそうでないのかさっぱり解らない時があるね…」
医者「…きたまえ、君の名を呼ぶ人が居る」

…ツンの病室?
…面会謝絶の札。

医者「意識はないけどね、男くんの名前ばかり呼んでいる…手でも握ってあげなさい」

ガラガラガラ。

男「…ツン」
ツン「男…男…」
男「ツン…生きていてくれて嬉しいよ…でも俺は…余計に死ねなくなった。先生にあれだけタンカ切ったんだ…俺だって何事もなく終わらせて、ツンと一緒に…」

おでこにキス。

医者「…そろそろ男くん行こうか」
男「はい」


「…バカ」


男「え?」

…?

医者「どうしたの?」

男「いや…何でもありません」

ツンの術後の経過は順調だった。

医者「僕としても、ここ数年で最も出来がいいオペだったよ…それ以上にツンくんの生きる意思は凄まじい物があるがね」
男「往生際が悪いんですよ」
医者「確かに(笑)」

「へぇ…」

男「…(殺気!?)」
ツン「…男は私をそんな風に思ってたんだねぇ…」
男「ちょっと待て落ち着いて話をしよう」
ツン「知らない!」

バシッ!

男「いて。何だこれ…。」

出てきたのは真っ黒のマフラー。これを金取って売ったらそくクレーマーの嵐だろう。

…でも暖かい。

…生地でも技術でも、織り込めないものが入ってるから…かな。

ツン「…こぅら!かってに開けて、ニヤけるな!」

なげつけたのはツンですけど?

ツン「ちょっと首貸しなさい」
ツン「うん…寸法も完璧ね…計ったかいがあったわ」

え?

男「いつ?」
ツン「…不法侵入?」
男「…呆れた…」
ツン「ば、バカね…一応入場料唇に払ってあげたわよ!(//////)」
男「…」

恥ずかしいのは俺ですよ姉さん。

二人の胸には貝と、ハートの片方が輝く。

ツン「ねぇ?」

男「ずっと一緒にいようね?とか言い出すんじゃないだろうな」
ツン「…ッ!そんなベタな台詞言わないわよ!」
男「…ならいいけど」

きっと二人は大丈夫。

海が見てくれるから。雪が撫でてくれるから。



Happyend


~死が二人を分かつまで~


俺の手術も成功した。二人とも、激しい運動は出来ない…常に綱渡りだが…。
一緒にいられる幸せ。

男「おせぇよ…」
ツン「し、仕方ないでしょ!女の子はいろいろ身支度整えなきゃいけないんだから!」
男「海に来るぐらいで化粧まで…」
ツン「…好きな人に綺麗だと思って欲しいじゃない(ボソッ」
男「ん?」
ツン「な、何も無いわよ!……歩こ?」

男「手」ツン「ん」


夕日の海外でさすがにちょっと寒いけど…。

貝とハートを合わせて

『死が二人を分かつまで』



…この先の言葉は、もちろん当人と海だけが聞いていた。



fin