※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

病院内デート



男「なあ」
ツン「なんだ?」
男「俺の事好きか?」
ツン「な、なんでそんな事いわせんねよ!?………好きだよ…好きだからなにか?」
男「素直じゃねぇな…ま、そこがすきなんだがな」
ツン「な、なんなねよ!(////////)」
男「また顔赤いぜwww ま、だから…今日デートしないか?」
ツン「デート?な、なんであんたなんかと!…す、するとしても外いけないのよ」
男「だから病院内でデートすんだよ」

ツン「病院内?」

ツン「病院内?」
男「そう。それなら問題ないだろ」
ツン「だろ?って…まぁ暇だし付き合ってあげてもいいわよ」
男「ありがとよ。なら準備とかあるだろうから、俺廊下でまってるよ」
ツン「分かった」


5分後


ツン「おまたせ」
男「おぉw かなりおめかししたな。」
女「だってデートすんでしょ?それくらいわかりなさいよ!」
男「はいはい、なら行こうか」

ツン「ちょっと待ちなさいよ!」
男「ん?」

ツン、手を出す

ツン「で、デートだって言ってるでしょ!…手ぐらい繋げないの?!しょうがないから繋いであげる!」(ぶっきらぼうに)
男「あ、わりぃな。デートなんだもんな」


ギュッ

648

(僕らは2時間ほどこの大きい病院を回った。)

男「あ!あの部屋なんだっけ?…」
女「I…なんとかなんだよね…」


男「ICPOじゃない?」
ツン「う、うん!多分それ!」


(こんな馬鹿みたいな会話しながら、僕らは楽しいデートをすごした。手をずっとにぎったまま…


屋上)


男「なんかいろいろあったよね~」
ツン「私はいつも見てるからなにもかんじなかった。」
男「そっか…ごm」ツン「でも!」
男「ビクッ」
ツン「男と回れて楽しかった…//////」
男「…俺も楽しかった」
ツン「…恥ずかしいじゃない!馬鹿!/////」
男「だなw」


僕らは顔を見つめあい、お互い引き合うようにキスをした…

ツン「………」
男「キスしちゃったね」
ツン「………」
男「ツン?」
ツン「グスン…」
男「泣いてるか?…わ、わりぃ」

ツン、首を横にふる

男「え?」
ツン「…………たい」
男「ん?」
ツン「まだ生きたいよぉ!」
男「ツン…」

ツンは男の胸に頭をうずめた

ツン「まだ男と居たいよ!こんな幸せをくずしたくないよ!」
男「俺もだよ…」
ツン「なんで?!なんでなのよ!!!うぁぁああん…」


(ツンは男の胸で泣いた。一生分はないたろう…)



ツン「なんで…なんで…」
男「ツン…あのさ」

男「ツン…あのさ」
ツン「………」
男「俺たちは今を精一杯生きてるんだ。この幸せはずっとつづく。生きている以上、この幸せはずっと続くんだよ。だからこの幸せを壊さないためにも、今だけを考えよ。未来なんかみなくていい。今が幸せならいいじゃないか」


(男はツンの髪を撫でながら言った


男「もし、辛くなったら俺を呼んでよ。こんな風にして癒してあげるから。コレは俺しかできないことなんだよ」
ツン「………グスン」
男「確かに死からは逃れられないかもしれない。でも、いずれかは死ぬんだ。俺もそう。あとちょっとで………。それまでずっと、いや、生きてるこの先俺を好きでいてくれ!それが今の生きる意味だよ」


(男は半分泣いていた。自分でも分かっていたんだ

(自分でもわかっていたんだ…



ツン「……男」
男「…ん?」
ツン「私は…ヒック…この先ずっと…」
男「うん…」
ツン「……………す」
男「?」
ツン「好きでいてやる!感謝しなさいよ」

彼女は顔をぬぐい、満面の笑みで言った


男「素直じゃないなw」


ツン「う、うるさい!」



ふたりは笑った、そしてまた二人は唇をかさねた。最後かもしれないデートの終止符をうった