※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネタバレあり。

Leadershipにフィートは使いたくない、Arcaneは好きだけどDevineは苦手とのPLの我侭を汲み取って、NPCクレリックを出すことに。

1)キャラ紹介。(7Lv相当)

  • キャラクター1:作成担当:あ(感想)
    • エルフ
    • ファイター/ダスクブレイド/レンジャー/オーダー・オブ・ボウ・イニシエイト
    • コンセプト:接近戦型弓師
    • エルフ作りの弓を手に遠近両方をカバーすることを目指したAttacker。最悪のときに備えて、攻防一体とグレソを持つ。

  • キャラクター2:作成担当:しろ(感想)
    • ハーフジャイアント
    • パラディン。Kensai。
    • コンセプト:ダメージディーラー
    • 大型スターメタルグレソ。Strahdに脅威の一撃。

  • キャラクター3:作成担当:L2C(感想)
    • 人間
    • ウィザード/メイジオブアルケインオーダー(CAr)
    • コンセプト:便利屋型Wiz
    • 呪文修正系を使い込む。 即時呪文最大化。
    • 威力拡大と最大化で、一掃するのが主な仕事。
    • ファイアボールに巻き込まれて危うく殉職するところを脅威の出目で回避。

  • キャラクター4:作成担当:DM(てつ)->Haze->L2C(感想)
    • 人間
    • ローグ(LightBringer)(EoCR)/ファイター/スワッシュバックラー(CW)
    • コンセプト:盾になれるローグ
    • LightBringerの代替能力を取得したため、アンデッドにもスニークダメージ可能。
    • PHB2の挟撃スキルを中心に構築。体勢崩し(PHB2)も導入。
    • 今日のやられ役。

  • キャラクター5:作成担当:DM(てつ)(感想)
    • 人間
    • クレリック/レイディアント・サーバント・オブ・ペイローア
    • コンセプト:回復役
    • NPC。
    • 「季刊R・P・G」で勉強した内容を取り入れる。(主に呪文選択)。
    • 24時間化の対象は主に、ヒーリングロアコール。Paladinには、クラウン・オブ・マイトをかける。
    • 任意発動を、領域呪文任意発動(PHB2)に変えた上で、「治療」領域を選択。(次のレベルへの布石)
    • 「Magic Item Compendium」のキュア系最大化のガントレットを購入したため、MagicItemは、色々あきらめている。
    • フィートが足りず、治療威力強化が取れていないのがたまに傷。

2)1st Encount

  • とりあえず、死体回収(アイテム回収)することに。
  • NPC Clericのオーギュリーの結果は、「吉にして凶」
  • Brown bear、Dire wolf、Dwarf Rogueの波状襲撃を受ける。
  • しかし、弓師の弓、ローグのSpiked Chainの前にいいとこなしで死亡。(死体の持っていたCMWのPOTを飲めたぐらいか?)
  • Holyswordと聖印を発見する。

3)鑑定

  • Holyswordがバスタードソードなことにゲンナリ。
  • レジェンダリーな効果を聞いて再度ゲンナリ。売って、ホーリーアベンジャーを買わせろと言う始末。
  • 聖印は、クレリックが契約。

4)2nd Encount

  • 村中にZombieが再び沸き始めているとの話を受け、掃討。
  • 今後も、沸き続けると聞き、ちょっとだけ時間制限を意識始める。

5)4th Encount

  • レイベンクロフト城に乗り込む。
  • 最初のアーチで問答無用のSlimeトラップに引っかかる。
  • 問答無用の橋Trapは、運良く発動せず。
  • CRないので、経験値もなし。
  • Taintルール採用のため、幾人かに狂気の被害。

6)5th Encount

  • 周辺になにもないことを確認し、窓やら2階から侵入するのはやめ、ゴシックホラーの王道通り、正面から突入することにする。
  • 入り口の石像もどきに気づくも、声をあげたためSurprise Roundは発生せず。
  • ブレス二連打を辛くも凌ぐも、HP激減。
  • Wizardのいつものファイアーボールで敵の過半数を殲滅。
  • 残った3体も近接攻撃だけだったため、排除し、戦闘終了。

7)6th Encount

  • エントランスに入ると、階段を下りてくる、ヴァンパイア。
  • Strahd(CR15)と、Zombieと、Construct。
  • まさかの戦闘にびびるも、応戦。
  • Zombieは難なくTurnUndead。
  • Constructは硬いものの、御しやすい模様。
  • 本命のStrahdは、Dominateな視点で、手近なローグを確保。
  • ローグは、色んな者を吸われつつ、味方を攻撃。リサージャンスをもらっても抵抗不可能。
  • 前衛陣がConstructを対処している間に、Wizardが組み付き状態のローグへTouch Attackし、Dimension Door。AoOは、Swiftなミラーイメージで回避。
  • 確保したローグを弓師が気絶打撃し、クレリックが視線外に引きずって移動。
  • Strahdが、壊れかけのConstructを巻き込んでのファイアーボール。
  • Wizardが根性の20でSTを成功し、ダメージのダイス目が悪かったことから死者は出ず。
  • クレリックが、MaximizedしたヒールでPaladinを回復する。
  • Paladinは、突撃&パワーアタック&スマイト&パラディンスペル&クラウン・オブ・マイト解放と全てを注ぎ込んでStrahdに攻撃。
  • 珍しく出目が1でなく、命中し、Temporary HP&DRを抜いて大ダメージ。ダメージの出目が悪くMassiveには至らず。
  • Strahdは撤退する。
  • PTにも余力が無いため、一度村へ帰還。

8)次回

  • Strahdを追い返した経験値でレベルアップ。
  • 再びStrahdは出現するのか?



感想

  • フル状態のStrahdにダメが入って追い詰めたのはGJ。
  • Maximizedな腕輪は、いい働き。
  • NPC クレリックがレベルアップしたため、任意発動でされるキュアスペルは、全て呪文威力強化済みとなるはず。
  • 今後のStrahdの動きは、DMすら予測しにくい。
  • Holyswrod弱いね。

名前:
コメント:
|