※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「Curse of Drow」キャンペーン 20061210

細々と続いているキャンペーンの続き。
ゲヘナのとある建造物内に飛ばされたPTが脱出を試みるシナリオ。
この建造物内からは、Teleport/PlaneShiftできないため、安全だけど、元の次元に帰れない状況。
歩くだけで、登攀状態であるが、久しぶりのD&Dと言うこともあり、Mass,Flyで解決。
せっかく、ここまで跳ばしたのに・・・。



【キャラ紹介】

プレイヤーA(NPC)
回復担当:DivineOracle
中の人が急用で参加できず。回復魔法を撃つ役として強制的に参加。

プレイヤーB
壁1:StoneLoad/DowervenDefender
防御の構えと鎧で硬さを求めるドワーフ。フィートに悩む。

プレイヤーC
壁2:Tempest
CombatExpertise/SpringAttackで、戦線をかき回す壁。本日レベルアップ。

プレイヤーE
壁3:Rog/SwB/Beguiler/UnseenSeer
ゲストプレイヤー用に急遽構築したキャラクター。
「EoCR」キャンペーン用NPCを微調整し、成長させたキャラクター。
DragonCompendiumのRiposteを覚えさせたところ、DMが後悔するほどの活躍。
もう、自分でデザインしたPCを自分のキャンペーンでは使いません・・・。

NPC:カーシマル
NPC:Psi/Rog/Chameleon
石化して眠っていた人。
今回は、Mass,Fly担当。



【DM総評】
D&D初心者のゲストが参加されることが分かっていたので、全体的にMOBを弱めに設定。
低めのCR(PL-1)、Templete適用なし(Zombie化は除く)であったが、予想通り、楽勝ムード。
やはり、PL+2あたりでないとダメっぽい。
その割りに、ランダムTrasureの出目がよく、プレイヤーへの配分は多めに。
イベントNPCがいたせいでもあるかな。

魔法を使うMOBや、高火力のMOBを配置しないと、硬さと回復力に優れたPTに危機感を抱かせるのは難しそう。
(14Lv相当のLightingBoltを連打できるFine Construct(Swarm)がそれに該当しないかと言われると微妙ではあるが、実質被害0だからなぁ・・・。)



【概要】
  • 小手調べは、IceDaemon(DC)x3。DR(Lowful)に苦戦するも撃破。
  • BleederBeholeder(DC)相手に、Riposteが発動。攻撃外れた回数だけ喚起と裁定したが、間違っているかも。Webを徘徊すると、Agile Riposteなるものまで出てきて混乱中。再度原文を確認する予定。
    • 間違っていない。口頭説明した前提条件は間違い。(キャラ設計は問題なし)
  • MindFlayerの神殿を発見。Black Dragon ZombieのCRを強めに誤解していたDMのミスにより瞬殺。(CRかなり下がるんだ・・・)
  • 書庫らしきものを見つけて、次回に続く。
|