※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


http://www.bloodlinechampions.com/

Stunlock Studio によって正式サービス中のマルチプレイアクション。
スウェーデンの『Swedish Game Awards 2009』にて"Game of the Year"と"Winner XNA"をダブル受賞したモンスタータイトルである。

ゲームは競技性にフォーカスを置き開発されており、全てのランダム要素(クリティカルダメージを含む変動確立)を排除し、
プレイヤーのスキルが 100% 結果に繋がる仕様になっている。

ゲームの基となったのは、現在メジャーな eSports タイトルである『World of Warcraft(以下 WoW)』のアリーナと言われており、
コアなゲームモードとなるのが 3 対 3 のアリーナモードであることや、キャラクターの役割がそれぞれ
Healer(回復役)、Ranged(遠距離攻撃)、Melee(近接攻撃)、Tank(タンク、硬い前衛)に分かれているのも類似している点だ。

また、WoW等のプロチームも開発に携わっており、今後e-Sports競技においてメジャーになる可能性が高い。

ゲームの開発はもともと学生のプロジェクトとしてはじまり、ゲーマーが集うDreamHackにというLANパーティーイベントにて
その集まりが拡大され、Stunlock Studioとして現在も開発を続けている。

特徴

  • 2on2~5on5のチーム戦(基本は3on3)
  • 個性的な16人のBloodline(Cβ現在)
  • 各Bloodlineごとに7つのスキル
  • 操作はFPSと同様のWASD
  • Non-Targetingシステム(つまりマウスでのAimが必要)
  • 通信系はP2Pではなく、サーバー-クライアント方式
  • マナやMPはなく、HPとクールダウン、キャストタイムの概念のみ
  • 試合時間はデフォルトで2分+サドンデスタイムを4ラウンド先取、非常にスピーディな試合が展開される
  • 運要素等はなく、己の腕のみが勝利に繋がる
  • 誰でも無料でプレイ可能(一部制限あり)、課金することで全種類のBloodlineを使用したり、見た目を変える事ができる
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|