※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【アンセム】



  「そう、心の本質とは――闇だ。」


登場作品 KINGDOM HEARTS
種類   探求・狂人型



ホロウバスティオンを治めていたアンセムが闇の研究に取り付かれ自らなったハートレス…と思われていたが、キングダムハーツ2で実はアンセムの弟子のゼアノートのハートレスと言うことが発覚する。

物語の序盤で主人公であるソラにフードをかぶった状態で話しかける。その後ディズニーのヴィランズであるマレフィセント達を利用し、リクの体を乗っ取る。その目的は世界の心であるキングダムハーツを解放し、世界を闇に包む事だった。

ホロウバスティオンにてリクの姿でソラに一度敗れるも、完全に「アンセム」として姿を現し、エンド・オブ・ザ・ワールドにて一応の決着を見る。

しかし肉体を取り戻したリクの「心の闇」としてキングダムハーツCOMではリク編のラスボスとして登場。何度かリクの肉体を乗っ取ろうとするも、最後にはリクとの戦いに敗れた。しかしその際「お前に心の闇がある限り、いつか私は再び蘇る」とまだ完全に滅んではいないことを示唆した。

キングダムハーツ2でリクは完全にアンセムの闇を克服できるようになっているようであり、またアンセムの闇の力を使いこなしていたため、リクとアンセムの戦いもまた決着したといえるだろう。




もともとキングダムハーツはディズニーの悪役であるマレフィセントを倒して終わりの予定だった。しかしディレクターである野村氏が「FF層を狙わないとコケるぞ」
と忠告を受けた為、生み出したのがこのアンセムという悪役である。

したがってアンセムが出てくるのはかなり終盤となったが、多くの核心部分を握る存在であり、その衝撃も大きかったことから印象は深いものとなっている。

もともと金髪、色白の予定だったらしいが、実際には銀髪、色黒になった。その色黒の肌と研究者だったとは思えない筋力から何処と無く変態の香りが漂う。野村氏の作画で色黒とは珍しい…。

日本版の声優が大塚明夫であることから声優ネタ(メタルギアソリッドのスネーク)で「持て余す」と呼ばれることがある。