ガーディアン VS. シルフ Part 4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シルフG・ガーディアン の対決パターンはまだある。
これが今回のメインだ。

一方が (攻撃表示)と G (攻撃表示)を出し、もう一方がCP50の魔法2枚(表表示と裏表示)を出した場合である。

魔(表) 魔(裏)
(攻) G (攻)
↓↓↓↓ 守備強制の輝石 を発動
魔( ) 魔( )
(守) G (守)

場のクリを置く場所に下図のように番号をつけるとすると、
上図は G を1と3、4と5に置くように、 G をより左側に置いたことを表していると見てほしい。

結果を分析してみると、どうやら
の能力⇒ G の能力
の順で発動したようである。
つまり、 左側のクリから順番に能力を発動する のではないだろうか。

確認のため、今度は G より左側に置いてやってみる。
魔(表) 魔(裏)
G (攻) (攻)
↓↓↓↓ 守備強制の輝石 を発動
魔( ) 魔( )
G (守) (守)

G の能力⇒ の能力 の順で発動したようである。
やはり、 左側のクリから順番に能力を発動する ようだ。

<補足>
②と①が出すカードを入れ替えても、結果は変わらない


対戦中に判断に困る場面でも、知っていると正確な結果を予想でき、良い手を選択できる情報があると思う。また、そんな情報がデッキコンセプトの案になるかもしれない。


※これらは調べた結果から勝手に考えてるだけなので、結果が間違っていたり、考え方が間違っていたりするかもしれないので、実際のDOLの仕様とは違うかも(・・)。
興味のある人はぜひ試してみては。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|