ガーディアン VS. シルフ Part 2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

結果、
時の砂Lv.1は設置された

②の ランスウォッチ (以下 と略す)と①の G・ガーディアン (以下 G と略す)、
先に能力が発動するのは席番号の小さい① である。
つまり、

G の「 相手の場の裏表示のマジックを全て破壊 」という能力
↓↓↓↓
の「 自分の場に擬似マジック扱いの 【No.265 時の砂 Lv.1】を設置 」という能力

の順で発動した、ということだろう


今度は、②が G を出し、①が を出した場合の対決をしてみる
G (攻)
(攻)
↓↓↓↓
守備強制の輝石 を発動
↓↓↓↓
G (守)
(守)

結果、
時の砂Lv.1は設置されない
これは、

の「 自分の場に擬似マジック扱いの 【No.265 時の砂 Lv.1】を設置 」という能力
↓↓↓↓
G の「 相手の場の裏表示のマジックを全て破壊 」という能力

の順で発動した、ということだろう

<補足>
  • 順番(先攻、後攻)を変えても変わらない。
  • 攻撃表示→守備強制の輝石でも、守備表示→攻撃強制の輝石でも、変わらない。
  • 輝石を①が発動しても、②が発動しても変わらない。
  • カードを置く位置が変わっても、変わらない
ということが、調べてわかった。結果が同じなので、上図からも省略した。
このことも含めて、能力の発動する順番は席番号の小さい席から順番に発動する、と考えた。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|