偽りの魔法の偽り


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

No.414 偽りの魔法
CP0/単発魔法
自分の手札の一番左側に戻る

手札が10枚になると、ドローできない。
では、手札が10枚のとき、偽りの魔法を使うと、どうなるのだろうか。

とりあえず、手札に0~9の番号を振ってみる。

①偽りの魔法を1枚発動


お、使えないかと思ったけど使えるようだ。

②もう1枚発動(2枚目)


ん・・・なんか 手札の順番入れ替わっている し、 一番左側に戻っていない w

③さらにもう1枚枚発動(3枚目)


さらに、入れ替わっている。

ちなみに、手札に余裕があるときに、2枚使うと、


ちゃんと、一番左側に戻っている。

魔鏡-マグス-を使ってみる

①偽りの魔法を魔鏡-マグス-で複製し、使ってみる


手札に戻らなかった。

②続いて、本物の偽りの魔法を使ってみる


複製⇒本物 だと、このような順番になる。
しかし、本物⇒複製⇒本物 や 本物⇒本物⇒複製・・・等だと、また違った順番になる(一部しか調べていない)。

魔鏡-マグス-を使えば、4枚以上使うことができるので、・・・調べるのがめんどくさくなりました(・・)

まあ、まとめると、 手札が10枚のときに、複製ではない偽りの魔法を2枚以上使うと一番左側に戻らない ということで。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|