※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本ページでは「エンゼルギア天使大戦TRPG The 2nd Edition」に対するローカルルールについて記載する。


ES追加ルール「ダーザインの操作」

  • ダーザインのボーナスと最大レベルを完全に無視する。いかなる状況であれ、ダーザインのレベルを上昇させるためには“次のダーザインのレベル”枚のパトスを消費する。逆に言えば、バトスを消費できるならダーザインのレベルを上げることに(オープンアップ以外の)制限はない。
    • “ダーザインのボーナス”の範囲内ならパトス1枚でいいのでは?という論議に対する回答。あれこれ計算するのが面倒なのでこのようにする。

オープニングフェイズにおけるダーザイン操作とパトスの扱い

  • オープニングフェイズ中は、シーン終了時の「パトス>ロゴス変換」は発生しないものとする。
    • プレイヤーが任意で変換することは可能。
  • オープニングフェイズ中はダーザインの操作は不可とする。
  • オープニングフェイズが全て終了し、ミドルフェイズに入る直前にダーザインの操作を行う。それが終了した後、残っていたパトスが全てロゴスに変換される。

ES追加ルール「経験点の増加」

  • 「災厄1つにつき1点の経験点を追加」を採用する。

裁定者の扱い

  • オンラインであることを鑑みて、裁定者以外も他人にパトスを渡せるものとする。
    • 裁定者は、他のプレイヤーよりも「パトスを渡す」ことに集中すること。その見返りとして、シーン終了時にパトスを1点得るものとする。

パトスの渡し方

  • IRCの裏チャンネルで以下の発言を行う
    • (・∀・)っ⊂パトス⊃>PC名
    • (・∀・)っ⊂パトス⊃×10>PC名 のように枚数指定も可とする

正念場宣言

  • 正念場宣言は「いつでも使用できる」ものとする

パトスチットによるアガペーの減少

  • アガペーの減少は「いつでも可能」とする
    • ただし、1つのタイミングにつき1回とする



以上
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|