※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


キューポラの妄言


 星の欠片すらない坑の底からは、小さな灯りでもよく見える。

 見上げていた。
 いつでも見上げていた。

 今日も、見上げている。
 小さな灯りが、僅かにぶれながら、坑の淵を動いてゆく。

 ――あれはきっと、この坑を呪っているのだ。

 キューポラはそう思っている。

 ――どうしてこんな場所に自分がいるのか。
 ――ここにいるのが、自分でなくてはならないのか。

 偶に会う山師たちから、話は聞いている。
 成り手のない仕事なのだという。それもそのはずだ。

 ここは夢の坑十七番。棄てられた夢の吹き溜まり。
 それは、悪夢であったり、無意味なものであったり。
 いずれにせよ、忌々しいものには違いない。
 平和に生きていたいなら、近づこうともしないだろう。

 キューポラは坑の外を知らない。
 物心のついたころには、ここにいた。
 棄てられていたのだろう。

 遥か上で灯りが動く。それを追って目線を動かす。
 被った襤褸がひっかかり、フードにしている部分を外した。

 キューポラは、痩せた娘だった。
 そう不美人でもない。ただ、よく見えるというわけでない。
 無愛想で、ものがなく、ようするに手入れされていない。
 手入れもされていないくせっ毛。

 くせっ毛のその中から、二本の、黒い触角が飛び出していた。

 普段は、隠している。
 たとえこの坑の中でも、忌み嫌われる異形の徴。
 人類種の不倶戴天の敵。蟲たちの姿だからだ。

 ――だから棄てられたんだ。

 キューポラはそう思っている。間違ってはいないだろう。

 だけれど、怪物ほどに、キューポラは腕っぷしが強くない。
 見てくれも悪く、愛想も悪く、取引は下手くそだ。
 だから、坑で生きていくことは難しい。

 じっと、坑の渕を動く灯りを見つめていた。
 灯りが、ひたりと動きを止める。

 それを確認して、キューポラは坑の壁に張り付いた。
 正体の知れない魔法薬で溶かされ、砕け、鉄片が突き立つ。
 慣れてさえいれば、横ばいに動くのはそう難しくない。

 急ぎ、灯りの下へ近づく。
 まっすぐ下へは入らないように。
 ほどなく、触角に風を感じた。

 落ちてくる。

 足元を見る。暗闇になれた目に、小さな岩棚が見えた。
 十分だ。

 落ちてきたものが、岩棚に当たって跳ね、砕け、落ちていく。
 落ちたのを確認して、岩棚まで這い寄る。

 鉄片。魔素の塊。腐りかけた肉。

 ――あ。

 キューポラは、僅かに顔を綻ばせた。
 紙切れの束が混ざっていた。
 腐れた汁がしみ込んで、ふやけて折れ曲がっている。
 しかし挿絵らしい、色とりどりの線が見えた。

 滅多に落ちてこない読み物が、キューポラは好きだった。
 いつか、子供向けの叙事詩の英雄のようになりたいとも思った。

 けれど、そんなことが無理なのも判っていた。

 肩口をふれる。黒く硬い感触がある。
 蟲の甲羅のような触感。

 病だ。
 きっと治らない。
 だから、ここへと棄てられたのだ。

 明日を生きられるかすら、怪しいのに。

 ここから外へ出られるなんていうのは、ただの夢だ。

 実現できない夢だから、ここにあるのだ。

 かき集めた素材を、頭陀袋に詰め込む。
 一日、二日は食いつなげるだろう。

 ――その先は、どうなるか。

 キューポラは、知らず、ぼろぼろの絵本を抱きしめていた。

妄言2「アイルの場合」


 ――生まれながらに彼は不要者の烙印を捺された。いくら努力しようと、いくら役目を積み重ねようと。
先の見えた人間に投資するものなどいないのだ。
 列強国の狭間にある国家とも呼べない集団を渡り歩き、彼は働き続け、そして己の意思で去る。捨てられ
るのは“弱い人間”だ、何より忌み嫌う弱者に自分自身がなるなど我慢ならなかった。
 己を誤魔化しながら、眼の前の壁を取り払うために手を伸ばす。伸ばした感覚が迷核へと繋がり、壁は消
えてまた新たな通路が生まれた。
 星の欠片を手に再び一歩を踏み出す。内より響く疼きに顔を顰めて、ゆっくりと歩き出す。

 夢の杭17番と呼ばれる場所。ハグルマの生み出す産業廃棄物によって、またひとつの迷宮と化したゴミ捨
て場。彼――アイルの行き着いた場所はそこだった。
 腰を下ろし、数少ない保存食を口に含む。味気ない食事もあと少しで終わるだろう。
 心臓の鼓動に合わせて、体の奥底で汚泥がのたうつ感覚が忌々しい。
 勉強は、知識を得ることは嫌いではなかった。迷宮職人としての才に恵まれ、努力を怠らず、精進を重ね
ていった。
 そして積み重ねたものは紙屑よりも軽く吹き飛ばされる。生まれながらに患った病は徐々に、彼の肉体を
蝕み、何よりも大事な時間を奪っていった。
 国が求めるのは未来である。ランドメイカーは民の、国の未来を切り開く。優秀だとしても、彼には国を
動かし発展させるために必要な時を持っていない。その末路は何よりも単純で残酷だ。捨てられることを嫌
い、自らの意思で国を転々とするのは未熟な己の心を守る唯一の方法だった。

 一際強く痛みが体を刺す。胸を押さえ、体は力を失ってゴミの山へ頭から突っ込んだ。
 ……よく持った、と独白する。故郷の国は迷宮災厄によって滅びたと噂で聞いた。戻る場所がないなら、
せめて死に場所程度は選ぼうと考え、ここの話を聞いた時は歓喜したものだ。
 所詮一人の人間が死ぬだけだ。墓を立ててくれる者もいない、治らぬ病を怨んでゴミとして死ぬ。
 惨めだが己に相応しいと思った。下らない虚栄を張り、根無し草の生活をよくここまで続けたものだと。
せめて最期は楽に終わりたいと、願い、

 浮遊感に包まれる。体が下へ落ちてゆくと気付いたのは数秒後、しかし、さらに痛みは強さを増して。
 思ったのは、

「――嫌だ」

 刹那にアイルの視界は黒く染まり、体は痛みを感じなくなった。


妄言3「ソラの場合」


大学二期生の私は現在学園祭の最後を過ごしていた。
仲間からの誘いを断り、独り遠くから笑い合う人ごみを眺めている。
何故断ったかはわからない。
ただ、校庭の真ん中で燃え盛り揺れる火が、説明できない私の気持ちを代弁しているようだった。

学校は楽しいし友達も沢山居る。勉学は充実していて、打ち込むことも見つけている。
それでも、心のどこかで物足りなさを感じていた。
もっと、やるべきことがあるのではないかと焦燥していた。
ただ、無為に時間を過ごしているような錯覚を覚えていた。

こんなことではいけない。そう思って立ち上がった時、視界の端に黒猫を捉える。
私をじっと見たあと、さっとその猫は建物の陰に隠れてしまった。

思わず後を追う。

焚き火の明かりが届かぬ暗がりで、まるで私を待つように猫が座っていた。
浮いて見える二つの猫目が意識を持って行く。
まるで操られるように猫に惹かれていき、そっと手を伸ばして――

――僅かな浮遊感の後、世界が一変していた。


ゴミ溜め。そんな単語が頭をよぎる。
希望のひとかけらも無い場所。明かりのない世界。

と、そんな場所に呆然として気付かなかったが、どうも頭や腰に異物感がある。
不思議に思って頭に触れると、ふさふさしたものが二つついていて、なぜか感触まであった。


腕の中で猫が鳴く。                    ―――君は猫になったのだ。
まさかと笑うが笑えない。私の頭と腰には猫のソレがついていた。

腕の中で猫が鳴く。            ―――この世界で、希望の星になってほしい。
なぜか空耳まで聞こえてくる始末だ。頭を抱えたいが猫を抱えている。

腕の中で猫が鳴く。                 ―――出来れば信者を集める形で。
抱えた猫がくりりとした目で私を見た。

「君なの?」

思わず問うと、猫は可愛らしく首を傾げた。


リコリスの設定殴り書き

彼女はハグルマ美人局志願の特殊工作員で、試験内容の一つとしてある強大な魔導師を堕落させる指令を出された。んで、行動中に異変が起きて物語が始まった。
また、リコリスはやはり偽名。ハグルマ的な意味で(何


妄言5「アシュレイの場合」


「教えてやろうじゃないか。生きてりゃいいことある、ってな」
 ―“七つの顔の”アシュレイ、夢の坑17番の大穴を見下ろして不敵に笑いながら―

いつか死すら退けて見せると豪語していた父は、彼が幼い頃にあっさり死んだ。
遺されたのは武人としての心構えと、槍だか鎌だかわからない、捩れた得物が一振り。
一族に伝わる使命に関係ある品だと言うが、果たして自分にその使命が果たせるのか。
まあ無理なら無理で、次代の誰かに託せばいいと気楽に構えて三十余年。

目の前には真っ暗な穴。
本隊から逸れたとはいえ、来た道を戻れば合流は大して難しくはない。
だが、彼はもう国に戻るつもりはない。
待つ家族はいない―いたが、妻子は何年も前にちょっとした迷宮災厄で死んだ。
自分がいなくなったとしても、若い連中が上手く切り盛りしてくれる―その程度の教育は施してきた。
それに、何よりも。
崩落に巻き込まれて落ちていった若者が、おそらく意識を失ったであろうその間際に見せた、あの目。
何もかもに絶望し、それでもなお、自分の中で“何か”を諦め切れていない―そんな輝き。
この穴の底にいる連中も、あの若者と同じような目をしているなら。
あるいは、何もかもを諦めたような気になっているなら。

「上に引っ張り上げてやらなきゃな。人生ってのは、穴の底で燻るには勿体なさすぎる」

そして、ひょっとしたら。
この坑でなら、忘れかけた使命も果たせるのではないかと―何故だか、そんな気がして。
彼は笑いながら、闇へと飛び込んでいった。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|