※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

非会員決定(脱会者)

杉田かおる (95年に脱会。自著「杉田」で創価を告発。 )
志茂田景樹 (折伏していた知人が自殺したのにショックを受け脱会。
後に創価を題材にした小説「折伏鬼」を執筆。
平尾昌晃 (週刊ポスト2005年4月1日号で平尾サイドが、取材に対して脱会の事実を公式に認める。)
ジャガー横田 (週刊文春で脱会者であることを自ら告白。)
工藤夕貴 (杉田かおるの著書で(イニシャル表記)脱会していたことが触れられている。 )
山口百恵
故・朱里エイコ
三上寛
知久寿焼

非会員決定・番外編…本人は非会員だが、身内親戚に創価がいる(らしい)

長嶋一茂 (嫁に創価説あり)
田村正和 (週刊現代2005年3月5日号によれば、妻の父が学会員。)
三木谷浩史 (母方の祖父(故人)が神戸地区の超大物幹部。(週刊文春2005年2月17日号より) )
松山千春 (新党大地の応援演説で、自分の妻が学会員であることを暴露。)
前原誠司(民主党代表) (嫁が創価短大の卒業生。(週刊新潮2005年10月27日号より) )