※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

非会員決定(無宗教・無神論者)


本人による無宗教発言

田村淳 (ラジオにて)
上岡龍太郎(無神論者。父親が弁護士で共産党から選挙に立候補するが落選。 )
伊集院光(「宗教入らない教」)
大橋巨泉(無神論者。民主党から参院選に立候補。 )
岡村隆史(ラジオで無宗教であると発言)
車田正美(漫画家) (「神の存在は信じていない」とコミックのカバーでコメント。)
鳥越俊太郎(伊集院光のラジオにゲスト出演の際、自身も無宗教の旨をほのめかす)
故・青木雄二(漫画家) (「神はいない」と発言)
デーモン小暮閣下 (実父が宗教に無頓着であった話をララジオでする。親族の遺骨は散骨している。 )
草野マサムネ (雑誌や公式サイトで「自分は無宗教」と断言している。)
稲葉浩志
加藤浩二(ラジオ番組で無宗教と発言) 
須藤元気(格闘家)(TV番組で無宗教と発言。お遍路時の写真とコメントあり。)
中田英寿 (無神論者) 
大槻ケンヂ (著書で無宗教と明言) 
安住紳一郎(TBS) (TBSの番組で無宗教と明言。)
甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ) (サイゾーで宗教嫌いと報道。)
ブルーハーツ時代には神や宗教を否定する曲を作詞している。
坂崎幸之助 (宗教に対して無頓着。無宗教の可能性大。)
和田アキ子 (アッコにおまかせ!で無宗教、無神論だと発言)
菅野よう子 (雑誌連載エッセイに無宗教である旨の記述)
椎名林檎(東京事変) (Voの椎名林檎の日記(公式ファンクラブサイト内)にて特定の宗教には所属していない旨の記述)
北杜夫 (エッセイで無宗教と公言)
新藤晴一(ポルノグラフティ) (著書で無宗教を公言。)
室井佑月 (とくダネで無宗教と発言)
村上"ポンタ"秀一 (ドラマー) (著書 「自暴自伝」にて無信仰、無宗教であると記述 )
島田紳助 (行列のできる法律相談所で無宗教と発言。)
キリト (無宗教と何度も公言。靖国神社を訪れて特攻隊員の手紙を元に歌詞を書いたことがある。)
カンニング竹山 (著書「現代日本への警鐘」にて、無宗教であると発言。)
p251「俺は無宗教ではあるがやっぱりここ一番のときは手を合わせ神に祈る」p253「(宗教は)組織化していく必要もないし、ましてや資金を集めたりする必要性も無いと思う」など
同書にて宗教への懐疑・懸念を随所にて表している。
中村仁美(フジ女子アナ) (公式ページの日記にて無宗教であると発言。同じく日記にて、初詣やお経を聞くことを記載。)
北村弁護士(行列の) (「行列」にて無神論者発言。)
ルー大柴 (ブログにて「宗教を持たない私だが」と発言。)
ベッキー (自身のHPにて「私はどこの宗教にも入っていないです。」と発言。)
自ら神を「幸せ・喜び+苦しみ・試練を与えてくださる」存在と定義している。
北村和夫…無宗教。赤旗に党員歴が掲載。
森山未来…自身のHPにて無宗教を公言(2005年4月3日)。
吉井和哉…ROCKIN' ON JAPAN 2007年9月号にて「私は宗教には入ってません!自分の中にあります、宗教は」と発言。(66頁目)
中川敬(ソウル・フラワー・ユニオンvo)…「無宗教」を公言。
「たったここ2,3千年の間に、人為によって無理矢理捏造された神々なんてものを、どうやって信じろっていうんや」
西野亮廣(キングコング)…実家・本人は浄土真宗に属するが本人曰く「宗教には何の興味もない人間です。」→非会員決定①参考
椎名桔平…R-25の戦いという本の中で。
「僕は、宗教は、信じているわけではありませんが小さい頃に兄弟を亡くしていて神棚にいつも水をあげて“寿命を縮めていただいても構わないので役者の仕事で成功させてください”と願を掛けていました。」
また、結婚式は教会で行った
赤平大(テレビ東京アナウンサー)…自身の日記にて「何かしらの信仰心があるわけでもないのですが」と記す。
中井貴一…オーラの泉にて「僕は宗教を全く信じない無神論者です」と発言。
鈴井貴之…自身の日記、2007年11月21日分にて無神論者であると記す。
子安武人…無宗教であると公言。
プチ・ブルース(物まね芸人)…自身のブログにて無宗教であると公言。宇賀福神社へ初詣にも行っている。
中川翔子…ブログにて無宗教であると公言。→非会員の可能性高し⑤参考
hitomi(歌手)…自身のブログ(2008/01/13)において無宗教であると公言



宗教に関する質問に対する否定

こいずみまり(漫画家) (同人誌に寄稿したエッセイ漫画の中で宗教やってないと記述あり。)
同じ作品でアシスタントが入っているカルト宗教に勧誘された事を書いている。
岡田准一(V6) (メンズノンノのインタビューで「宗教にハマってるわけじゃないです」と断言。 )

宗教批判の発言等

貫井徳郎…『夜想』で宗教批判。公式サイトの著作説明で「なぜ宗教にのめりこむ人が~」という表現を使用。
福井晴敏…作品テーマは愛国心、朝鮮・オウム(宗教)を批判
鈴木光司…『神々のプロムナード』の主題が新興宗教批判
安部譲二(作家・競馬評論家)…宗教・宗教家嫌いである。特に仏教に対して批判的であり、著書「表も裏もあるもんか。」(リイド社)にそれがうかがえる。
忌野清志郎…23S、タイマーズで宗教批判の歌を歌っている