※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

環境のメンテナンス


現在のrunlevelを調べる
runlevel

自動実行しているサービスを調べる
ls -l /etc/rc2.d

構築した当初は使っていたが色々と使っていないサービスがあるので停止
update-rc.d -f proftpd remove
update-rc.d -f mysql remove
update-rc.d -f apache-ssl remove

復活させる場合には
update-rc.d proftpd defaults

環境のメンテナンス(2)


独立した不要パッケージを除去する
apt-get install deborphan
orphaner
すべて選択して了解

設定ファイルなどが残留しているものを検索
orphaner --find-config --purge
すべて選択して了解

インストールされていないからできない、と言われる場合は、パッケージ名を控えておきaptitudeで除去する
aptitude purge <package-name>

<番外>
apt-get updateで下記警告が出る場合
W: There are no public key available for the following key IDs
apt-get install debian-archive-keyring

CIFS有効化カーネル更新メモ


(svnでhttp://sourceforge.net/p/linkstationwiki/code/HEAD/tree/kernel_universal/linux-2.6.23/を取得して/mnt/disk1/kernel/linux-2.6.23_lsp.1.10.3として保存していたけど)
でも今回は付属の2.6.12を使う
tar xzf linux-2.6.12_lsp.1.10.3.src.tar.gz
tar xzf kern-patch.tar.gz
cd linux-2.6.12_lsp.1.10.3
cp ../config .config
patch -p1 < ../diff

viで.configを編集する、mじゃだめ、yにする、SMB_FSは要らない
# CONFIG_SMB_FS is not set
CONFIG_CIFS=y

config適用
make oldconfig

.configにない追加の問い合わせにはNで回答
CIFS_STATS=N

コンパイルに失敗することがあるので先にGCCを確認
gcc -v

4.3.xだった場合はMakefileを修正する
# disable pointer signed / unsigned warnings in gcc 4.0
CFLAGS += $(call cc-option,-Wno-pointer-sign,)

+ # workaround to avoid gcc 4.3 emitting libgcc calls (see gcc bug #32044)
+ CFLAGS += $(call cc-option,-fno-tree-scev-cprop,)

GCC 4.1を使用するようにMakefileを変えた方がいいかもしれないが、念のため両方適用しておいた
apt-get install gcc-4.1

CC              = $(CROSS_COMPILE)gcc
↓
CC              = $(CROSS_COMPILE)gcc-4.1

uImage作成
make uImage

完成したuImangeはarch/arm/boot/uImageに保存されるので、これを/boot/uImage.buffaloと置き換える
mv /boot/uImage.buffalo /boot/uImage.buffalo.bk.20140728
mv arch/arm/boot/uImage /boot/uImage.buffalo

起動時に読み込むモジュールのコンパイルとインストール
make modules
make modules_install

再起動
reboot

マウント
mkdir /mnt/smb
mount -t cifs //192.168.3.40/share /mnt/smb -o user=guest


うまく起動しないときは一時的にNANDブートして原因解析 ※シリアルコンソール必要
setenv bootargs_root root=/dev/mtdblock2 rw panic=5 
setenv bootargs $(bootargs_base) $(bootargs_root) $(buffalo_ver) 
setenv bootcmd 'nboot $(default_kernel_addr) 0 $(nand_uImage_offset) ;setenv bootargs $(bootargs_base) $(bootargs_root) $(buffalo_ver); bootm $(default_kernel_addr)' 
setenv nand_boot yes 
boot

マウントして旧uImage.buffaloに戻すなどの対応を行う
mount /dev/sda2 /mnt/rootfs
mount /dev/sda1 /mnt/boot
  
添付ファイル