※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

HDDブート環境のバックアップ

debian-minirootをセットアップファームウェアの組み込みの作業を行う前に既にHDDブート環境が出来てしまっている場合は後々の環境復旧のためにバックアップをとっておきます。シリアルコンソールが必要です。

ブート

<<system_bootend>>が表示されたらEnterKeyを押します。

Orion1 CPU = Low

=== KURO U-Boot. ===
LOADER
KUROBOX BOARD: KURO_BOX LE (CFG_ENV_ADDR=fffff000)


U-Boot 1.1.1 (Feb 13 2007 - 15:59:43) Marvell version: 1.12.1 - TINY

DRAM CS[0] base 0x00000000 size 128MB
DRAM Total size 128MB
[256kB@fffc0000] Flash: 256 kB
Addresses 20M - 0M are saved for the U-Boot usage.
Mem malloc Initialization (20M - 16M): Done
NAND: 256 MB

Soc: 88F5182 A2
CPU: ARM926 (Rev 0) running @ 500Mhz
Orion 1 streaming disabled
SysClock = 250Mhz , TClock = 166Mhz


USB 0: host mode
USB 1: host mode
PCI 0: PCI Express Root Complex Interface
PCI 1: Conventional PCI, speed = 33000000
Net: egiga0 [PRIME]
Using 88E1118 phy
hit any key to switch tftp boot.
Hit any key to stop autoboot: 0
<<system_bootend>>
Hit any key to stop autoboot: 3
Marvell>>

NANDブートへの変更

Marvell>> のプロンプトで以下の5行のコマンドを入力します。

setenv bootargs_root root=/dev/mtdblock2 rw panic=5
setenv bootargs $(bootargs_base) $(bootargs_root) $(buffalo_ver)
setenv bootcmd 'nboot $(default_kernel_addr) 0 $(nand_uImage_offset) ;setenv bootargs $(bootargs_base) $(bootargs_root) $(buffalo_ver); bootm $(default_kernel_addr)'
setenv nand_boot yes
boot

内蔵HDDにHDDブート環境をバックアップ

以下のコマンドを実行すると\\KUROBOX-PRO\shareにhddrootfs.tar.gzが作成されるのでWindowsマシンからアクセスしてバックアップします。

mount /dev/sda2 /mnt/rootfs
cd /mnt/rootfs
tar zcvf /mnt/disk1/hddrootfs.tar.gz .

シリアルコンソール UP12C USB PDC Converter

KZ.up12c_ver3.60.1223.zip
※当ページ下部に添付されたリンクがあります。新しいPCで利用する際にドライバを探すのに苦労したので添付しておきます。
※Windows7用はU232-13.2.98.130315.zip

TeraTerm
115200 bps
8 bit
none
1 bit
none

ピンの方向
(上)




(下)



最終更新日: 2011-03-11