※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ケータイ少女 レビュー (ジャンル:ラブコメ)

全5話+エピローグ
監督:矢吹勉
アニメーション制作:スタジオ雲雀

評価


ストーリー キャラクター 声優 映像・作画
1点 1点 13点 13点

合計28/100点

感想

いくらなんでも短いのに(1話約4分*5+エピローグ)、キャラクターが多すぎでしょう。
この配信アニメの目的はよく分かっていますから、これ以上は言いませんが。

ストーリーに関しても、まさに古典的と言うか、典型的なお話。
こういうのが大好きな人は、ニヤニヤできるかもしれませんが、
キャラクターが全く分からないので、「で?」という気持ちが見るたびに出てきます。
伝えたい事が何も無い為、あまりにもお粗末な作品が出来上がりました。
こんなんだったら、わざわざアニメでやる必要はまったくありません。
ケータイ少女のラジオがあるのだから、そこで音声だけ流せば良い。
時間、人、お金の無駄遣いです。