※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地獄少女 二篭レビュー (ジャンル:ホラー、憂鬱人間ドラマ)

全26話
監督:大森貴弘
アニメーション制作:スタジオディーン

評価


ストーリー キャラクター 声優 映像・作画
3点 2点 15点 15点

合計35/100点

感想

前作以上に見終わった後にガッカリするような鬱な内容が続いていくので、
精神衛生上よろしくは無いが、元々こういうアニメだった。
あくまでも、人間の闇、愚かさ(、地獄に流す過程)が大事なお話だから。
しかし、相変わらずメインキャラの影が薄い。
わら人形を使うとしても、閻魔あいが居れば十分と思う。
メインは単発キャラなので、簡単に言えば「あい」達は脇役。
必要ないキャラクターはバッサリ削った方が「閻魔あい」の心情を含め、キャラクターを描けたと思います。

最後の方は1話完結性ではなく、「地獄少女」を終わらせる為にある程度ストーリーがありましたが
出来は良くなかった。これは前作もそうだった気がしますが。
まぁ、「地獄少女」の集大成と言われれば、納得できなくもないです。