※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

CLANNAD(TV版) レビュー (ジャンル:コメディ、ファンタジー、人間ドラマ)

全22話+番外編1話
監督:石原立也
アニメーション制作:京都アニメーション

評価


ストーリー キャラクター 声優 映像・作画
5点 2点 15点 17点

合計39/100点

感想

互いに協力し合う高校生達を描いた作品。

人に理解させようとする気が全く無いのだと思います。
私は原作ゲームをプレイしてますから、この要素がどういう意味なのか
全て理解しているつもりですが、この表現の仕方ではまず理解できない。
知っているはずの私も、不安になってきてしまいました。
訳がわからない話、精神病のようなキャラが出てきたりと寒い部分が目立った。
この作品で描きたい事、というのがずっと見えてこなかったが、
最後でようやく家族のようなものが見えてきた。
ただし、感動できるようなものでもない。
本来なら、最初から家族が描かれているはずだが、別のベクトルに行き過ぎている。

実際にアニメになって、殆ど設定は変わっていません。
この描かれた方だと風子はぎりぎりセーフかなという印象でした。
それ以外にメインで描かれたキャラは、
最初にも言ったように、異常としか言いようがありません。
所詮ギャルゲーという作品です。

非常に丁寧に、作画されていると思います。
ただそれだけという印象でした。