※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

舞-乙HiME 0~S.ifr~ レビュー (ジャンル:美少女アクション)

全3話
監督:久行宏和
アニメーション制作:サンライズ

評価


ストーリー キャラクター 声優 映像・作画
--点 --点 --点 --点

合計--/100点

感想

一部のオタク向けの作品。
ジャンルは美少女アクションと言っても、メインのレナは少々年増です。

  • 第1話「よそ見してると死にますよ」
舞-乙HiMEのテレビシリーズよりも前の時代の作品。
大して変わっていると思えないので、そこまで古くないようです。
まあ、世界観などは不明な部分が多いので置いといて。
1話は正直、何も無いと言えるほど薄い内容でした。
原因はキャラの出しすぎ。それぞれのキャラを理解する事も出来なかった。
必要の無いキャラクターは画面に出さなくて良い。
レナは他の乙HiME達に比べて強すぎるし、物語的にもレナ一人で十分だろう。
もし他の乙HiMEを出すなら、力の差は薄くするべきだと思う。
また、敵のアンドロイドは何故あんな強力(?)なんでしょうか。
この時点でこの技術があるならば、舞-乙HiMEでもっと凄い技術出てもおかしくないような。
(何かあったんだっけ?もう忘れた・・・。)
後はこのシリーズ全般に言える事ですが、共闘というのも皆無なのが気になる。
(そういうのに不向きすぎる、各乙HiMEの戦闘スタイルも問題。)
まあ、面白くは無かったけど、退屈はしませんでした。
声優に関しては、悪くも無ければ良い所もなく。表面的な部分しかないから仕方がない。
作画に関しては、製作期間が長い割にはイマイチかも。
まあ、崩れていたりとかがある訳では無いので、文句はありませんが、
短編作品では特に、キャラを表現する手助けをしなくてはならないと思います。
あらゆる事で、キャラを表現していく工夫をするべきでしょうね。

【第2話】

【第3話】