※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アニメーション制作進行くろみちゃん レビュー (ジャンル:コメディ、人間ドラマ)

監督:大地丙太郎
アニメーション制作:ゆめ太カンパニー

評価


ストーリー キャラクター 声優 映像・作画
20点 18点 14点 15点

合計67/100点

感想

アニメの製作現場を舞台にした作品。こういう作品は、非常に珍しいと思います。
私自身も、アニメ好きとしては結構興味ある部分ではあります。

くろみちゃんが、原画担当の人の自宅まで出向き、原画を受け取るシーンは驚きました。
会社で作業してるもんだと思ってましたね。
(今でも、これと似たような状況の所もあるんでしょうかね?)
まあ、少し誇張して表現している部分もあるでしょうけど、
それぞれのキャラ毎にしっかりと個性もあるので、見ていて面白い。
コメディ調のおかげもあって、退屈は全くしませんでした。

声優の演技は可も無く不可も無く。ただ、もっと表現出来るはずと感じます。

作画や映像に関しては、あらゆる事の分かり易さは評価できると思います。


アニメーション制作進行くろみちゃん

日本のアニメは私が作る!2 レビュー


感想

2作目。

シリーズアニメを3本も制作する事になる。
そこで助っ人として現れる、ベテラン制作進行の男とくろみちゃんの対立が軸になります。
この男は、制作を早める為に質を落とす事を何の躊躇もせずに実行しようとします。
で、もちろん。それは阻止されるわけですが。
制作に関わっているスタッフの皆が、一生懸命に頑張り、
苦労に苦労を重ねた上で出来上がった、という達成感。
それが、見ていただけの私にも届いた気がしました。
ノリは基本的にコメディであると思いますが、感動しました。

一作目同様、見ていて退屈しません。
単なる業界ネタに終わらず、しっかりと一つの作品になっている事が凄いと思います。