※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ご愁傷さま二ノ宮くん レビュー (ジャンル:ラブコメ、ファンタジー)

全12話
監督:吉川浩司
アニメーション制作:AICスピリッツ

評価


ストーリー キャラクター 声優 映像・作画
3点 2点 15点 14点

合計34/100点

感想

実際行われていることは、主人公が無意味にモテるだけのハーレムラブコメ。
悪い所を挙げるとキリがなく、良い所もこれっぽっちも無い。
サキュバスだのなんだのという設定がありましたが、実にどうでもいいと感じました。
有っても無くても、話の内容に変化は無いでしょう。
また、散々無意味なお話を続けてきたのに、終わらせる為に無理矢理シリアスっぽい展開にしました。
(正直、単なるギャグにしか見えないけど。)
今まで通りのラブコメを貫き通せばいいのに。ここら辺もマイナスポイント。

キャラクターに関しては宇宙人としか言いようがありません。
ストーリーの展開の影響もあるとは思いますが、理解に苦しむものでした。
実際サキュバスは人間とは違うかもしれません。
でもこの作品の場合は、人間とサキュバスが分かり合うとかを描こうとしてません。
単なるラブコメという事です。
なので、人間と同じ「ように」描かれるべきだと考えます。

声優の演技は別に悪くはないです。良いところも特にありませんが。

作画は今にも崩れそうという所で踏みとどまってました。
映像の見せ方もあまり良くない。