※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Kanon(東アニ版) レビュー (ジャンル:人間ドラマ、ファンタジー)

全13話
監督:伊藤尚往
アニメーション制作:東映アニメーション

評価


ストーリー キャラクター 声優 映像・作画
19点 18点 16点 18点

合計71/100点

感想

(原作ゲームはプレイしていますが、正直あまり覚えてません。)

時間は1クールながらも、演出、そして各キャラのシナリオが良いです。
ファンタジー作品なので、現実では考えられない部分もありますが、
各キャラの根底にあるものが嘘臭いものではないので、
受け付けられないという程ではないと思います。

このアニメは「人は独りでは生きられない」(=家族)という大きなテーマがあり、
それぞれのキャラの性格を使い、別の角度、別の解釈から描いているのだと思います。
(それぞれのキャラ毎に、また違ったテーマもあるかもしれません。)
個人的には一人一人順番に描いてくれれば、もっと面白くなったと思います。
間に別のキャラのお話が入るのが、勿体無いと感じました。

キャラデザが酷いと思います。
これだけで視聴者を選んでしまう可能性が大いにあります。
作画レベル自体は全体を通してそこまで悪い印象はありません。
映像の見せ方が良い所もありますし、作画自体が素晴らしい所もあります。
最初にも言いましたが、演出等が良いです。