※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Candy☆Boy レビュー (ジャンル:百合)

同名タイトルの曲を映像化した作品らしいです。曲と関連性があるかは不明。
(※12月6日追記:どうやら1話完結ではないようです)

全?話(1話は約10分)
監督:ほしかわたかふみ
アニメーション制作:AIC

評価


ストーリー キャラクター 声優 映像・作画
2点 2点 15点 15点

合計34/100点

第1話感想

完全な百合(レズ)アニメです。
約10分しかないので細かい部分は目をつぶりますが、問題なのは、奏と雪乃の関係です。
二人は双子の姉妹で、恋愛方面での「好き」という気持ちを持っている(?)ようですが、
そこら辺の説明がイマイチなので、ストーリーは駄目と言わざるを得ない。
普通の事ではないので、クドイと感じる位表現するべきでしょう。
お互いの気持ちのすれ違いが始まるという展開は分かりますが、
その後突然雪乃が奏に告白をした時は呆然としました。
そうなるまでの過程が大事なはずです。
正直、間に入ってくる咲夜の奏に対する思いのが説得力がありました。

でもやはり、短い故に無駄なシーンが少なめなのでやりたい事が分かりやすい。
いくらなんでも、中身が無さすぎるのが難点ですが。

こういうアニメって、低品質なのばかりですが人物も背景もクオリティはマシな方です。
ただ短い作品なので、細かい表情の変化であるとかそういうのが必要でしょう。
キャラというものを表現する上では、喋り方、仕草、目の動き等々、
現実の人間と同じように細かい部分も大事になります。