※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ひとひら レビュー (ジャンル:青春 ドタバタ・コメディー)

全12話
監督:西森章
アニメーション制作:XEBEC M2

評価


ストーリー キャラクター 声優 映像・作画
2点 5点 11点 15点

合計33/100点

感想

演劇を題材にした、ドタバタコメディー。
とはいえ、主人公が演劇をやりたくてやっている訳ではなく、
なんとなくやっているだけなので、「演劇とは」という物が全く描けていない。
つまりこの作品で描きたいのは 演劇ではなくて、主人公「麦」の成長物語という事か。
しかし、最終話まで見ても第1話から全く変わっておらず、ちょっと知り合いが増えただけ。
これで、成長物語を描けているとは口が裂けてもいえない。
では、この作品のテーマって一体何だろうか?
…正直、何もありません。

作画に関しては、可も無く不可もなく。特殊なフィルターでもかけてるんでしょうか?
あまり見たこと無い、特殊な雰囲気があると思います。
影がはっきりとあり明るいけどちょっとボケているような・・・。
とにかく、見易い絵でした。