ふしぎしきみ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『ふしぎしきみ』は、を中心にしたシリーズ小説。
世界的にGothic HeartBlack Dive異界の扉などとクロスオーバーしているが、時間軸がバラバラであり、一種のパラレルワールドのような世界で構成されている。




1、あらすじ


世界から不要とされたり、なりそこなったりしてしまったモノが集う世界 ヴィダンジュ
そこで梵暮堂という店を経営して生活する主人公
そんな彼女のもとに様々なManquéが集まる中、ある日は森でボロボロになった本を拾う。
読書好きなは帰って本の分析を開始するが、突如見知らぬ男が本から出現する。彼は本に封印されたManquéであった。

その男がManquéである限り、ヴィダンジュの住人であるのは変わらず。
だが図々しくもの家(梵暮堂)に住み着き離れなくなってしまったので、はやむを得ず居候として男を家におくことにする。




2、登場人物


本作の主人公。本が大好きなManqué。とある日、本を拾ってカルマに出会い、勝手に同居させられる。

のことが大好きなManquéのドラゴン。まだ子供だが体は大きい。

悪さばかりしていたために本に封印されていたManqué。行く宛も無いので成り行きで梵暮堂に居候し始める。巨人の血が流れている。

紳士的なManqué。長い髪を三つ網にしているのが特徴な時計職人。
オディールから好意を受けているが彼は別の女性に眼がいっているので眼中に無い。

内気なManqué。事情により喋ることが出来ない上に肌が影のように真っ黒。
コミュニケーションをとるのが大の苦手だがに友達と言われ、それからはにべったりくっつくようになる。

他人が信じられない人魚のManquéとはなんだかんだいいつつも一応心は開いている。
基本強気、勝気な口調で話す。

ヘリオスのことが大好きなManqué
髪や身に纏っている衣類全てが真っ黒。少し高飛車な性格。

冷静で猛者のManqué。ウサギの頭をかたどった赤い頭巾をかぶっている。
狼が大嫌いで、狼を見ると隠し持っている拳銃や兵器で問答無用で射殺する恐ろしい少女。ウサギが大好き。

大人や魔女が嫌いなManquéの少年でイーグレットの兄。
自力でなんとかいつもしようとするが、せっかちで危なっかしくいつも妹に支えられている。

ラシェンの妹。不器用だが優しくて兄想い。
梵暮堂によく遊びに来て、にお菓子作りを習っている。



3、作品ができるまで


ハイセンスメルヘンを目指していた結果、が生まれた。
しかし当時は落ち着いた服装ではなく、露出が高くバレリーナのような格好をしていたが適当な服を着せていくうちに今の形に納まった。"死"と"詩"を中心に考えていったため、少し暗い話に成りがちであったので無理やり明るい人物を突っ込んだ結果もっと暗くなってしまったのでマイルドに色々な他の作品と繋がるようにしたらただのパラレルワールドになってしまった、とか。


4、カテゴリー