※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

土方十四郎は優秀な生徒だった。
剣道部副将。風紀委員副委員長。
勉強の面においても、常にクラスでトップである。

ただ、一科目を除いては。



「土方。」
「なんですか?」
「ちょっと話がある。生徒指導室まで来い。」

そう言って部活に行こうとしていた土方を止めたのは高杉だった。
高杉は、銀魂高校の保険医と同時にZ組の科学の授業も担当している。


実は土方は数ヶ月前から高杉とつきあっていた。もちろんこのことは周りに知られてはいない。教師が生徒に手を出したなんて知られたら、教育委員会が黙っちゃいないだろうし、ましては男同士だ。

とにかく、部活に遅れることを近藤さんに報告してから行かないと。

土方は近藤の机に向かった。そこには沖田もいた。


「近藤さん、俺ちょっと生徒指導室に呼び出されているから、先に部活行っててくれ。」
「どうしたんですかィ、優等生土方が呼び出しくらうなんざァ珍しい。」

そう言ったのは沖田だった。

「なんでもねぇよ。すぐ行くから。」
「ああ、わかった。頑張れよ、トシ。」

何を?



「なぁ、総悟。」

土方が教室を出たとたん、近藤が口を開いた。

「最近トシの様子がおかしくないか?」
「俺も気付いてまさァ。」
「特に……」
「そうですねィ……」






「「科学の授業中とか。」」



生徒指導室のドアを開けると高杉が座っていた。
さほど大きくないこの部屋には、他の場所から移してきた机やいすが、無造作に隅に寄せられている。
真ん中に机がひとつ、向かい合うようにいすが二個。
高杉はそのうちのひとつに座っていた。

「遅かったじゃねぇの。」
「近藤さんに遅刻報告してたんだよ。」
「……まあ、いいぜ。女は男を少し待たせるくらいがちょうどいいからな。」
「誰が女だ!」

眼帯をしたその顔で、高杉はケタケタと笑った。

やっぱり。土方は確信した。
俺はこの男が苦手だ。

「何で呼び出されたかわかるか土方?」
「………」
「この前の試験の結果だ。」

高杉はそう言うと、土方の解答用紙であろう紙を5枚机に置いた。

「国語96、数学91、英語93、社会89。クラス内ではトップだ。」

それなのに、と高杉は続けて、土方の前に理科の答案用紙を出した。

「俺の教科だけ赤点だ。」
「………」
「お前、理科苦手だったっけか?」

そんなはずねぇよなァ、と高杉はつぶやく。




やめろ。




その顔を俺に向けるな。

その眼で俺を見るな。

その声で俺に話しかけるな。



「……おい、聞いてんのか土方!」
「うるせぇよ!!」

両手でバンと机をたたいて立ち上がる土方を見て、高杉は驚いた。

「おい。」
「話しかけるな!」

その顔が嫌いだ。

その眼が嫌いだ。

その声が嫌いだ。



変な気持ちになる……


俺が俺でなくなっていくような……





高杉は何もしゃべらなくなった。



10分立った。
相変わらず両者は黙ったままだった。

土方はだんだん後悔してきた。

高杉は…ただ俺の受験のこと心配してくれただけなのに、俺は逆切れして…、高杉は悪くないのに。

そう考えると次第に土方の目の前がかすんでいった。

「高杉…」
「なんだ?」

俺があんなに逆切れしたのに

高杉は静かに返事をした。


そのやさしさも……


「嫌いだ……。お前の良いところが全部……」

嫌いなんだ………

どうしようもないくらいもどかしい




「俺はお前が好きだぜ土方」



いけねぇか?



そう聞かれて土方は首を横に振った。


「授業中…お前の授業中、変な気持ちになるんだよ。なんかこう…体が熱くなって、顔を合わせらんねぇんだ。」

土方はうつむいたまま話し始めた。
こんなこと、言い訳にしかならないというのは知っていた。




「つまりは俺に欲情してんのか。」
「なっ……」


高杉の言葉に土方は反論しようと口を開いたが、何も言えなかった。


「ホント…かわいいな、お前。」
「かわいくなんかねぇよ!」
「授業に集中できねぇんだろ?ハッ、そりゃ成績も下がるな。だがなァ…」

高杉は少し笑って





「お前銀八の教科が一番できてたからよォ」





嫉妬したぜ?





そういわれて土方は顔が熱くなった。


(あとがき)
初めて書きました。3Z バージョンです。
シリアスな中でも甘いのができたんでよかったです。