※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「沖田一人語り」



気にくわねぇ。そりゃそうだ。アンタのせいで姉上も近藤さんも俺から離れていっちまう。

俺のほうが剣の腕あるのに、アンタは俺から副長の座も持っていっちまいやがった。

気にくわねぇ。

確かに最初はそうだった。




でもいつだったか。


この憎しみに似た感情が


アンタに対する愛の気持ちだと気付いたのは………。







好きすぎて、好きすぎて、

俺はあんたに嫌がらせをした。

アンタを困らせた。

アンタに、









俺しか見えないようにしたかっただけなんだ。









まあ、いいでさぁ。アイツがどこへあんたを連れて行こうと、

アンタがどれだけアイツに惚れていても、

どのみち俺はアンタを奪ってやる。

そして俺に惚れさせてやる。









どんな手段を使っても。



「鳴かぬなら 鳴かせてみせよう ほととぎす」