※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「副長ー!」

「あ?どうした山崎?」

「沖田隊長がバズーカを……。」

「年明け早々なにぶっ放してんだあの野郎はァァァアアア!!!」



というわけで真撰組副長には今年もお正月は来ない。








「総悟、いったいお前は何度言やぁ分かるんだ?」

「なんですかい。土方さんは気が短くていけねーや。お正月ですぜ?ちったあ楽しめばいいのに。」

「俺の正月を奪ってるやつが何言ってんだァア!」

「そんなに怒んなくても、ちょっと建物傷付けちまっただけですぜ?」

「そりゃ、オメーにとっちゃあ『ちょっと』だろうよ。だが、おかげでこっちは始末書増えてんだよ!!」

「そういや土方さん。」

「話をそらすな!」

「屯所の郵便受けからこんなものを見つけたんでさァ。」


そう言って沖田が出したのは一枚の紙切れ。






そこには






「今日いつものところで待っている」






とだけ書かれていた。







こんなことする奴は決まっていた。












「こ…これが、なんだっていうんだよ。」

「これ、土方さんあてじゃねーんですかィ?」

「しらねーな。俺のだって言う証拠があんのかよ?」

「最近アンタ手紙書いてるみたいじゃねーですか。」

「!?」

「誰に書いてるんですかィ?」

「おめーに関係ねーだろ…。知り合いだ、知り合い。遠くに住んでる…」

「アンタ、江戸意外に知り合いなんているんですか?真撰組に勤めてから、江戸から出たことのないアンタが。」

「………っ」

「恋人ですか。まぁ、俺には関係のねー話だがねィ。」

「見回りに……行ってくる。」

「どうぞ。」






土方は屯所を出た。









すると今度は山崎が出てきた。





「あれ?沖田隊長、副長のお説教はもう終わったんですか?」

「終わったでさァ。それがどうしたんだィ?」

「いや、副長いつも以上に怒ってたんで、もっと長くなるかと…。」

「俺にかかればあんな奴の説教なんざへっちゃらでさぁ。」

「それもそうですね。」







「恋人だったら…俺には関係ねぇ。」







「え?」

「なんでもねえ。さっき近藤さんが探してたぜ。行ってきなせぇ。」

「あ、はい。分かりました。」





山崎は部屋を出て行った。












「野郎の恋人なんざ俺には関係ねぇ。そいつが真撰組の敵でなければな………。」










「遅かったじゃねぇか。」

「高杉、テメェこんな真昼間に…」

「いいじゃねぇか。暇だったんだからよォ?」

「どういう脳みそしてんだお前はァァァアアアア!」

「うるせーな。黙んねーとこの場で犯すぜ?」

「わかった。分かったからそれだけはやめてくれ。」

「じゃあ、酌しろ。」

「昼間から酒飲む気かよ。言っとくが俺は飲まねーぞ。」

「べつにいいさ。」




高杉は土方に酒ビンを渡して注がせた。




「なぁ、高杉。」

「なんだ?」

「そろそろやばいんだよ。沖田の野郎が俺を疑ってる。あいつ、勘だけはいいから。」

「ああ。今度、屯所までお前に会いに行くぜ。」

「俺の話聞いてたか?」

「ああ。」

「ぜってーうそだろ。」

「ああ。」





何を言っても上の空の高杉に、土方は説得をあきらめた。








「高杉。俺そろそろ帰らねーと。見回り時間がもうすぐ終わる。」








と言って帰ろうとする土方だが、







「まてよ。その前に言わなきゃならねぇことがあんだろ?」




高杉は呼び止めた。





「言わなきゃならないこと?」




「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。」














「………」

「なんだよ。」

「お前がそんなことを言うとはな。若干退いた。」

「あ?何言ってんだテメェ。こんくらいは礼儀として当然だろ。」

「高杉が俺に礼儀を語ってる………。」

「なんかイライラしてきた。やっぱりヤらせろ。」

「はぁ!?え?ちょ…ちょっと、うわあああああああああ!」





今年もよろしくお願いします。


(あとがき)
あけましておめでとうございます。年が明けてそろそろ受験のほうがやばくなってきましたね(お前だけ)。
さて、中編が飽きた…じゃなくて、そろそろ短編書きたいなー、と思ったので正月ネタを書いてみました。思いつきでそこはかとなく書きつくれば。