アクエリアンエイジオルタナティブ@Wiki 《占星術師“アナスタシア・ビフロンス”》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《占星術師“アナスタシア・ビフロンス”》

カードの種類:キャラクター
属性:WIZ-DOM/コスト:3/攻撃力:2/移動速度:2

スキル:「ハードラックショット」
【妨害】相手キャラクターを一定時間麻痺状態にする光弾を放つ。
麻痺中は一定の確率で通常攻撃・スキルが失敗する。
ただし【常時】は失敗しない。

せんせいじゅつし“あなすたしあ・びふろんす”

球状の光弾を3つ連射する。発動は2カウント。光弾のスピードは約1、と遅め。
光弾の大きさは、青ソフィの光弾とリサの光弾の間ぐらい。
再発動も2カウントなので、ばら撒くと場はまさにカオス。
麻痺による通常攻撃・スキルの成功率は、マナが約8割なのに比べて、ダメージを与えない分こちらは約3~4割まで低下させてくれる。
重ねがけによる失敗率の上昇は『多分』ない。その為、当て続けて移動以外出来なくすることはできない。
麻痺の効果時間は15カウントと長いようで短いので、使う際は常に当て続けるつもりで。
麻痺光弾を当て続けるとメタトロンでもシヴァに殴り勝つようになります。
光弾はMBをすり抜けるのでMBでキャラを守ることはできない。

意外に馬鹿にできないスキル。
特に中盤になって出てくる高コストの面々の猛威による被害を、驚くほどに軽減してくれる。
状況によっては光や千里より猛威を振るう厄介者となる。
青単で開幕にブレイクし、光弾をばら撒けばPS次第で敵キャラ3対全てアナスタシア一人で対処することも可能。
放置しておくととにかくスキル・通常攻撃をストップされ、気づいたらコロナが出ていた、
なんて事にもなりかねない。

さらに、このキャラを倒そうにも、光弾を撃つ速度が早いので、距離があればすぐに当てられて麻痺状態で立ち向かうことになる。
そんなときは美作をコイツにマークさせよう。また、常時スキルが失敗しないのを利用して、works274を向かわせるのもアリ。

対処の仕方としては、味方一体に麻痺の肩代わりをさせ、味方越しにダメージスキル等を当てましょう。

とにかく麻痺による失敗率が高いので、全員麻痺った状態でビフロンスフルボッコしてる途中に美鈴出されて止められたら泣くしかない。


キャラアバター:スキャナー♀(PR版の水色スーツに近い)
セリフ
登録 はあ、やっぱり呼ばれたわね
ブレイク めんどいけど、やらないともっと酷い事になるのもわかってるのよねぇ
待機中1
待機中2
待機中3
ダッシュ1 どうせ追いつかないのに……
ダッシュ2 運動は苦手なんだけど……
攻撃1 えいっ
攻撃2
攻撃3
背後攻撃1
背後攻撃2
アタックセンス 運動は苦手なのに……
トラップセンス やっぱりそう来るわね
シューティングセンス 見えるわ
被攻撃 分かってても、痛いものは痛いわね……
被大攻撃 こんな!
瀕死1 災いの星?
瀕死2
瀕死3
状態異常1
状態異常2
状態異常3
強化&回復1 幸運の星が見えるわ
強化&回復2 いい星回りね
強化&回復3 この流れに乗りたいわ
スキル使用 災いの星が見えるわ……
撃破1 やっぱり死んじゃうのね
撃破2 私の勝ちって決まってたのよね
撤退 やっぱり、こうなるのね……
復活 へぇ、こんな可能性もあったなんてね
MB接敵 あなた、星回りがよくないわ
勝利1 わかりきってる勝利なんて、味気ないものね……
勝利2 あなたの敗北は見えてたのよねぇ
相手デッキ閲覧
挑発