アクエリアンエイジオルタナティブ@Wiki 《トレジャーハンター“シュリー・シャンポリオン”》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《トレジャーハンター“シュリー・シャンポリオン”》

カードの種類:キャラクター
属性:極星帝国/コスト:4/攻撃力:3/移動速度:2

スキル:「マジカルキー」
相手キャラクターを吹き飛ばす光弾を放つ。


とれじゃーはんたー“しゅりー・しゃんぽりおん”

極星帝国屈指のトレジャーハンター。やや遠視気味。
リリア・ベテルギウスの依頼によってエジプトはアレクサンドリアのアレクサンドリア大図書館に潜入、
バハムートの書を入手してWIZ-DOMを壊滅寸前まで追い込む遠因となった。
しかしステラとディーナにほんの少しではあろうが理解し合うきっかけを与えたともいえる。

スキルはダメージを与えず敵を弾き飛ばすというもの。
竜巻が2連射され、触れた相手を大きく弾き飛ばせる。敵にヒットしても光弾は消えないのでズルズルと引きずって行くことができる。
連射速度はかなりのもの。発動はジリアン並。速度はルツィエ並。でもダメージなし。MBには効果は無いので注意。
竜巻なので光弾も消せる。引き寄せ系と方向は逆だが使い方は同じ。

名前はトロイア戦争遺構を発掘した死の商人ハインリヒ・シュリーマン(Heinrich Schliemann)と
ロゼッタストーンのヒエログリフの解読に成功した天才言語学者ジャン・フランソワ・シャンポリオン(Jean François Champollion)から。
そしてキャラ設定の元ネタは『轟轟戦隊ボウケンジャー』。
この作品のキャラ名は偉人の姓と色そのものあるいは色を連想させる名という書式なので「シュ」リーも朱色からなのかもしれない。
余談だがボウケンジャーの黄色はレムリア人である。というわけでシュリーもレムリア人と考えるのは飛躍しすぎだろうか。
能力は彼女が発掘したどんな鍵穴でも開ける魔法の鍵束による。

本家での能力はもはや詐欺の領域。

ダメージを受けると「毒はないみたいね」としゃべる。攻撃と同時に毒に冒すキャラがいなくて良かった。

アバタ-:スキャナー♀
トレードマークのメガネも帽子もない。
本家ではスキャナー♀、スカラー♀、アスリート♀と3つのアイコンを併せ持ち出やすく強い優等生だった。

セリフ
登録 依頼? まあいいけど
ブレイク 財宝は、あるんでしょうねぇ?
待機中1
待機中2
待機中3
ダッシュ1
ダッシュ2
攻撃1 えいっ!
攻撃2
攻撃3
背後攻撃1
背後攻撃2
アタックセンス
トラップセンス トラップ発動
シューティングセンス
被攻撃 毒はないみたいね
被大攻撃
瀕死1
瀕死2
瀕死3
状態異常1
状態異常2
状態異常3
強化&回復1
強化&回復2
強化&回復3
スキル使用 邪魔しないでよ!
撃破1
撃破2
撤退 このダンジョン、キツいよ……
復活 まだ見ぬ宝が私を呼んでいるわ!
MB接敵
勝利1 これでお宝は、私のものね!
勝利2
相手デッキ閲覧
挑発