アクエリアンエイジオルタナティブ@Wiki 《ジャッジメント》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ジャッジメント》

オルタレーション
属性:イレイザー/コスト:5

全ての味方キャラクターは、味方マインドブレイカーの周囲を突撃で周回し相手にダメージを与える。
ダメージは各味方のキャラクターのパワーで上下する。


MBの周りを、味方キャラがくるくる回る、ハッピーな気分になれるオルタである。

なんて軽く言ってるが、現状は超絶にぶっ壊れたオルタカードである。
約7カウント、味方キャラがMBの周りを突撃しながら高速でグルグル回る。
敵キャラも味方キャラも、速攻で溶かし尽くす。
突撃系スキルの威力の高さは、ハニエルで十二分に理解している人も多いだろう。

9/27のアップデートにより、
「オルタレーション効果時間が短縮。パワー上昇時の威力上昇が減少。」となった。
効果時間は約7カウントに短縮されたが、高威力であることは変わらないため、
引き続き警戒すべき黒のダメージオルタである。


使われた際の対策としては
  • 全力で必死に逃げる
  • 調理実習やミラーブレード、デスルーンなどのオルタで回避
  • 槍や竜巻スキルで止める(槍で突撃キャラが止まるのは確認済み)
  • 美鈴結界などで、発動中の相手MBを立ち往生させる(使われる前に結界を当てても有効)
(また、相手MBでなくとも、使われる前に相手キャラを一人でも動けなくすることによって、その場で立ち往生させることも可能)
  • こちらも突撃で対抗する(例えばメルキ、パニ2、アタックセンスなど)。突撃同士は当たり判定があり、相殺可能です

尚、光弾スキルはかき消される場合があるが運良く当てると止まるし、はるかのスキルを当てても止まります。
これらのことから、オルタの性能としては強力だが、実際のところ様々な対処方法が存在するので
対策能力を持ったカードさえデッキに組み込んでいれば、それほど脅威ではなくなる。

余談だが、発動直後に敵MBにキャラクターが集まる際に突進エフェクトが出ていても、
ダメージを食らう判定が敵キャラクターにはしっかり存在する。
回り初めても敵キャラクターを潰せば、少しでもダメージを減らすことが出来る。
MBにかぶせるように爆撃系スキルを使えば、相手の戦力とMBの体力を削ぐことも可能。

また、これはあまりありえないシチュエーションだが、アシュタルテーでコントロールを奪った敵も自MBの周囲を回転するので
  • アシュタルテーで敵アシュタルテーを洗脳>敵アシュタルテーで敵キャラを洗脳>デビルズ・ウィスパーで残り一体も洗脳
に成功すれば、敵味方6キャラ全てを武器とすることが可能。

バトルセンスのためにキャラクターを集める手段としても使える。
相手がシューティング、アタックの場合はジャッジメントを使われたら思い出すと吉。