アクエリアンエイジオルタナティブ@Wiki 黒白


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黒白


■デッキの特徴

一般的に新名ルシのことを指す
開幕にメタトロンメイド長が突っ込んでくる
メタが突っ込んでくるなんてラッキーといってメタを叩き伏せると
メイド長の効果でいきなりルシフェルが舞い降りてくる
その後新名を出されルシフェルとMBに手が出せなくなってしまうともう…


■典型的レシピ



■大雑把な対策

対策としては、メタトロンを殺すな!
だからと言って放っておくと慣性されるよ!そのとおりです。
でも開始20カウントくらいでルシフェル出されるよりマシです。
(もっとも、こちらがシヴァマトデッキなら、
メタ様に居座られるよりもルシが出るほうがマシなんだが)
それにこちらがメタ潰さない行動をしても相手もしつこく、
メタメイドで追ってくることが多いです。
ただの1/2と2/1ですのでメタの攻撃をあえて食らい、
エナジーを溜めてやろうくらいの心意気で。

メタメイドで相手は2枠もつかっているので量より質で攻めること。
相手のキャラは基本放置でいきましょう。
ただこの方法を取るとメルキが出て来て、と
メルキ新名になるパターンが考えられます。
突撃デッキは崩すのが難しいのでこちらの対策もしっかりと。
どうしようもならない時がありますが…
……と、ここまでが修整前の話。
メタ新名ルシ、キーカードに修整が入り、
だいぶ、対処は楽になりました。(もちろん、相手のPS次第ですが…)

メタ新名メルキについては特定カード対策参照

■それ以外のよもやま

メタメイド長
 いまのメタで、メイド長とMBを完璧に守ることは、
 ほぼ不可能です。上画面を見て自キャラを操作し、MBでも
 メイド長でも好きな方を追いかけてください。

(現在の)黒白は、使えば勝てる強デッキではなく、
使いこなせば強いテクニカルなデッキです。
新名ルシを裏返しっぱにするような俄か黒白(PSの甘い黒白)は、
己が持てるPSの限りを尽くして、鍛え直してやりましょう!


2nd追加後↓

■デッキの特徴
強力なオルタスパークリング・プラズマジャッジメントで2ラウンド取ろうというコンセプトのデッキ。
そうでなくともバランスがいいのでたとえオルタを使わせなくとも苦戦を強いられる。


■主な立ち回り
PSがあまり無いorこちらにメタトロンが入っている場合開幕メタメイドが突っ込んできます。その後どちらかが堕ちたらカマエル・翼によってフィールドが制圧、何とか崩してもプラズマ・ジャッジが待っている。
もう一つの戦法は相手のPS(というよりメタトロン使いとしての腕)によってメタトロン・メイド・MBを開幕から試合終了まで守りきるというもの。これはメタメイドをMBに重ね、メイドのカーテンで相手からのスキル攻撃や妨害を遮断しサクセンドウリに相手を左右(もしくはどちらか片方に)弾いて守るというもの。その後、ウリエルor翼、オルタにより相手を蹂躙するもの。


■対策
前者の場合、アドバンテージを取られやすい翼をなるべく早めに倒す事が重要になってきます。プラズマジャッジはコストが重いので出る前から全力で相手を追いかけましょう。
また、出てくる敵を倒し続けてエナジーを使わせるという戦法もあります。
こちらの場合は使うデッキによりますが…
後者の場合、こちらにメタが無かったら左右(できれば前方からも)攻めて崩れるのを待ちましょう。一様ステラ・ソニア・邪印辺りはダメージが入るそうですが・・・
相手はメタメイドで2枠使っているので3体目で何が来るかを予測して行動しましょう。どうしようもないこともありますが・・・。あとは・・・バトルセンスとか?
現状、MB初期配置位置の0.5マス分上の辺りに結界を貼られると
入り込むのは至難の業。更にカーテンまで張られると何も出来なくなってしまいますが
その分、相手はメタトロンとカーテンの制御で片手を取られていると思います。
なので逆に相手をもっと忙しくしてやるorこちらも篭る。など、自分なりに対策を練って挑みましょう。