※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007年2年1学期期末~理科~

<1>感覚

感覚器官 ・・・様々な刺激を受け取る器官

目の作り
レンズ・・・遠近を調節する。光を集め像を結ぶ

角膜【かくまく】・・・レンズを保護する

こうさい・・・光の量を調節する

視神経【ししんけい】・・・刺激を脳に伝える

毛様体【もうようたい】・・・レンズの厚みを調節する

耳のつくり
耳殻【じかく】・・・音波を集めて方向を知る

鼓膜【こまく】・・・音波で振動する

耳小骨【じしょうこつ】・・・振動を拡大させる

うずまき管【管→かん】・・・振動を音として認識する

(三)半規管【(さん)はんきかん】・・・体の回転方向を知る

聴神経【ちょうしんけい】・・・刺激を脳に伝える

<2>刺激の伝わり方

五感で情報を得る→刺激→(大)脳で考え・判断する→命令→体を動かす

神経系
 ○中枢神経・・・脳やせきずいのことをいい、命令を出す司令部の役目
 ○末梢神経・・・↑が枝分かれした部分
  ∟○感覚神経・・・刺激を中枢に伝える道筋
   ○運動神経・・・中枢の命令を運動器官に伝える道筋
   ※運動器官・・・筋肉などのこと
反射 ・・・大脳が関係することなく刺激を受け
             すぐに反応が起こること。
              せきずいが中枢となり
             主に危険から身を守るためにおこる

    【例】目の前に物が飛んできたので目をつむった
       食べ物が口に入ればだ液が出る
       ひざこぞうの下をたたくと足が跳ね上がる

―参考― 条件反射
反射を起こす刺激と、それと全く関係のない刺激
(条件反射)を同時に繰り返すとやがて条件刺激だけで
その反射が起こる

<3>動物の運動

筋肉運動 ・・・筋肉の収縮により行われる運動
  • ぜん動運動 ・・・ミミズ、ヒトの食道・胃における運動
  • だ行運動 ・・・ヘビのように、体を左右にくねらせる
  • 関節運動 ・・・一方が縮み他方がのびる。関節で動く

筋肉の種類
  • 横紋(骨格)筋・・・自分の意志で素早く動かせる
  • 心筋・・・心臓の筋肉。自分の意志で動かせない
  • 平滑筋・・・内臓の筋肉。