建設試験研究


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

建設試験研究とは

 国および地方の厳しい財政状況を鑑みると、これからの社会資本整備にかかわる業界、とりわけ建設業界は厳しい時代になることは容易に予測できます。

 このような業界において生き残る術は、営業力、提案力の武器の一つとなる、「技術力の向上を図ること」ではないでしょうか。

 ここでは、その技術力の向上の方法の一つである、建設業界の試験、特に、技術士、一級土木施工管理技士について、試験に役立つ情報提供を行なっていきたいと考えています。

 建設試験研究という堅苦しい題名ではありますが、中身は至って簡単です。

 闇雲に勉強しても成果は全くあがらず、辛い時間が過ぎるだけです。

 効率良く勉強するためには、敵を知ること、つまり、これまでの出題傾向を把握し、そして、将来を予測するのが最も効率的なのです。

 ここでは、その基礎となる、過去の試験問題の提供を第一とし、試験傾向の分析、さらには予測に関する情報を提供することを最終目標としています。






























===

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|