骨卓バックナンバー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「はじまりはキータキタ」

テラスティア大陸北部リーゼン地方。
ミラボア王国から北北西へ徒歩で半日の小さな村「キータ村」。
季節は春が終わり夏になろうという時期である。
時刻は午後2時をまわるところ。
天気は晴天。風はそよほども吹いていない。
村の小さな宿酒場「豊穣神の御手亭」には、
遅い昼食を取る者や、午後の一時を満喫する旅の者がいた。

しかし突然店に村のおじさんが駆け込んでくる。
おじさんの話ではなんでも村の中にゴブリンがいるらしい。
店主は店にいた冒険者達にゴブリンの討伐をお願いする。
店内にいた冒険者
「サギリ」「雫」「ヤクモ」「ルリジサ」の4人はこれを受けて、
おじさんの案内のもと現場に急行する。
一行は村のおばさんから「ゴブリンはブドウ園にいる」という話を聞き、
ちょうどブドウ園から出てくるゴブリン2体と戦闘になる。
途中、奥からもう一体のゴブリンが現れるもトントン拍子にこれを討伐。
止めを刺す。
戦闘が終わると武装した村のおじさんたちが駆けつけてくる。
その中の1人、長身のおじさんが村長のキタヨさんだった。
キタヨさんはみなに感謝し、討伐の報酬を渡すことを約束した。

村人たちと別れ、店に戻った一行。
店の主人の計らいで晩御飯を御馳走してもらう。
サギリは旅の同行者「ナミ」をみなに紹介する。
店主は今回の活躍を聞いてみなでPTを組んでみては?と提案する。
それぞれに思うことがあるようではあったが、
一行はPTを組むことにした。
そして店主から最初の依頼となる届け物を頼まれる。
ミラボアにある「ほのかな情熱亭」の店主、ホノカさんに
手紙を届けてほしいという依頼だった。
みなはこれを承諾し、ミラボアに向けて明朝出発するということになった。
新しい仲間にPT最初の依頼、
不安と期待を胸に、静かに夜は更けていった。

■PT全員への経験点
Mob討伐成功:1000点
村民被害最小:500点
MobEXP合計:160点
合計・・・ 1,660点

■PT獲得アイテム
剣のかけら*1 (現段階では処分不可)

■個人獲得アイテム
<重要>木彫りのアクセサリー(ブドウ型)

■PT獲得ガメル
武器:30G*2
意匠を凝らした武器:150G
合計・・・ 210G

■個人獲得ガメル
村長から各々へ1,000G
主人から各々へ200G
合計・・・ 1,200G
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。