※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ご意見をお寄せください。

  • なお、左記メニュー「有言の華」でも当「若者言葉☆WIKI」について書いています。カテゴリー「こんにちわ」をご覧下さい。 -- (二式) 2007-07-20 14:54:41
  • 最近の若者達は若者用語で喋る事を正当化してる。

    日本を擁護しておきながら日本語を擁護しない文部科学省は何考えてんだろうか? -- (6) 2012-01-29 09:46:56
  • 書き込みどうもありがとうございます。久々に閲覧したらちょうど書き込みが有ったのでびっくりしました。
    せっかくの「若者言葉」を考える場ですので、ご意見に対しこちらもちょっと意見を。

    ・「正当化」が行われるようになったのは、本当に最近の出来事なのでしょうか。
    ・文科省はどのように「擁護」を行うべきでしょうか。 -- (二式) 2012-02-05 11:33:30
  • なお、かなり長い間放置していました。記事の大半は08年当時のものです。これでは「若者言葉」のレファレンスとしての機能を果たしているとは思えませんが、今後(の私の活動)に期待して残しておきます。当方、あまり最新の若者言葉に敏感になれない状態にあります。

    「有言の華」でもいずれここについて述べることになろうかと思います。こちらについては当時の記事はほとんど削除してしまいました。「こんにちわ」というカテゴリで若者言葉全般について考えようとしていましたが、このカテゴリも削除しました。若者言葉の定義も曖昧で、単なる流行語や社会方言の一形態と見てもその範囲は微妙です。一応、「若者言葉」に敏感な人が多い中でこれに理解を求めていくというのを目標としていく所存です。

    今後ともよろしくお願いいたします。 -- (二式) 2012-02-05 11:38:28
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る



追記欄