381
③ハンドライト

(古典的な方法だけど……みんな怖がってくれるのかな)

下からライトを当てて顔だけ浮き上がらせる――なんて小学生でも失笑するような方法で大丈夫なのだろうか。
不安に思いながらも、とりあえず私は自室にあるはずの災害用ハンドライトを探す。
(確か、この辺に置いておいたはずだけど)

「見つけた」

引き出しの中からハンドライトを取り出した。
電池がまだあるか確認するために、スイッチを入れる。

「あれ?……ライト点いてるのかな?」

電池の残りが少ないのか、点いているのかよくわからない。
私は自室の明かりを消して、再度ハンドライトのスイッチを入れた。

「うん。大丈夫みたい」
その時、ドアをノックする音が聞こえた。

「姉さん、俺だけど」
「春樹?」
「今、……戻ったんだ。入っていい?」

①「うん、いいよ」
②「ちょっと待って」
③ためしに驚かせてみる

382
①「うん、いいよ」

「電気もつけないで……もしかして、蛍光灯が切れた?」
「違うのよ。文化祭で使うからコレの確認をしていただけ」
そう言って、私は手元にあるライトのスイッチをつけたり消したりしてみせる。
「そうか……。姉さんのところはお化け屋敷だったね」

春樹は部屋の明かりをつけると、言いにくそうに口を開きかけてまたつぐんでしまった。
「春樹?」
「あの、さ。公園では取り乱してごめん」
「私こそ、あの時は冷静じゃなかったから。気にしないで」
私の言葉に、春樹はようやく小さく頷く。

「春樹、もう夕食よね? お父さんとお義母さんが待ってるよ」
沈んでいる春樹に私は笑いかけて言った。
「そうだね。降りようか」

二人で廊下まで出たところで、不意に何かを思い出したように春樹が呟いた。
「そうだ。さっき父さんが言っていたけど……隆さんをうちで預かるみたいだよ」
「うちに? どうして?」
突然の話に、私は思わず聞き返す。

「なんでも、隆さんの両親が海外旅行に行くらしいんだ」
「隆は家事が一切できないうえに、お姉さんの美由紀さんも大学の寮に入ってるしね。
それにしても……隆ったら、昨日言ってくれてもいいのに」
「昨日はいろいろあったしさ。それどころじゃなかったのかもしれないよ」

(隆のご両親が海外旅行……か)
私が小さい頃、父の帰りが遅くなると隆の家で夕食をご馳走になっていた事を思い出す。
子供同然にして接してくれた隆のご両親への恩は父も私も忘れる事は無い。

私は……
①滞在する日程を尋ねる
②小さい頃の事をさらに思い出す
③一階に降りる

383
①滞在する日程を尋ねる

「いつからだって?」
「明日から金曜日までだって。土曜日の夜に戻ってくるって言ってたよ」
「それじゃ、日曜日の文化祭に間に合うように戻ってくるのね」
「そうだね」
隆の両親は欠かさず学校の行事に顔を出す。
今回も、それにあわせて日程を組んだのだろう。

「どこに旅行にいくのかな?」
「そこまでは…、義父さんに聞けば分かるんじゃないかな?」
「そっか、じゃあ聞いてみよう」
二人で階段をおりながら、そういえば、と春樹が笑う。

「家族そろって食事なんて久しぶりだね」
「確かにそうね、最近お父さんもお義母さんも忙しいみたいだったし」
「うん、二人とも仕事人間だよね。体を壊さないといいけど」
「お義母さんは、すごく元気だったよ」
あの調子のお義母さんと春樹の会話を想像するだけで、笑ってしまう。

「なんかあった?」
「ん~、ちょっと、ね」
不思議そうな顔の春樹と、笑っている私がキッチンに入るとお父さんとお義母さんがこちらを見た。

「あら、どうしたの?」
「母さん、姉さんを迎えに行った時なにかあったの?」
春樹は私が素直に答えないと見ると、あっさりとお義母さんに矛先を変える。

「あぁ、さっきね…」
お義母さんは目を輝かせる。

私は…
①お義母さんの好きにさせる
②お義母さんの話を止める
③お父さんに隆の両親の旅行先を聞いて話をそらす

384
①お義母さんの好きにさせる

私と春樹はそれぞれの椅子に腰を下ろした。
今日のメインはお義母さん手作りのとんかつだ。

「愛ちゃんと好みの異性のタイプについてお話していたのよ、ね?」
私は相槌を求められ、思わず頷いてしまった。

「あ……うん。お義母さんの好みのタイプはお父さんだって言ってたよ」
お父さんに視線を移すと、決まりが悪そうに咳払いをしていた。

「じゃあ……姉さんはどんなタイプが好みなのさ?」
「それがね、春樹。愛ちゃんはまだ考えたことがなかったんですって」
「本当? 姉さん」
「う、うん……」
私は槍玉に挙げられて、小さくなりながら答える。

「でも、恋のおまじないをしたからもうバッチリよね?」
「そ、そうだね。もうバッチリだよね。ハハハ……」
私は誤魔化すように、笑ってみせた。

(完全に恋のおまじないになってるんだ……)

①「春樹は一体どんな異性が好みなの?」
②「お父さん、助けて」
③「そういえば、隆がしばらくうちに泊まるの?」

385
①「春樹は一体どんな異性が好みなの?」

お義母さんの『恋のおまじない』という単語に怪訝な顔を見せる春樹に先手を打つように問い掛ける。それに私一人が一家団欒の席でネタにされてしまうのは姉として少々悔しい。

「……!」

春樹は想像もしていなかったのか、箸を手にしたまま盛大に咳き込んだ。
「あらあら、春樹。大丈夫?」
心配するよりむしろ楽しそうなお義母さんに春樹は涙目になりながら非難の視線を向ける。
「…だい、じょうぶじゃないよ…っ。変なこと、きくのは…母さんだけでも充分なのにっ…」
「変なことだなんて。春樹は大事な家族ですもの、愛ちゃんだって気になるわよねえ」
「そうそう。せっかくだから、白状しちゃいなさい」

お義母さんと結託してここぞとばかりに問い詰めると、春樹はだんまりを決め込んだのかひたすら食事を口に運んで一言も口をきこうとしない。
お父さんはというと話を振られたくないのか食事も終らないのに新聞を拡げだした。

「人には聞くくせに自分の話はしないなんてずるいんじゃないの?」
不満げにそう漏らすと春樹は「じゃあ俺もそんなこと考えた事ないよ」となげやりに返す。
(…春樹ってば、ずるい)
頬を膨らませてお義母さんに目で訴えると、お義母さんは承知したとばかりにウインクをした。

「そうなの?じゃあさっきの電話の子は?ずいぶん仲良しみたいじゃない?」
「さっきの子?」
「母さん!」
意味ありげなお義母さんの発言に春樹が声を荒らげた。春樹はこういう話はのらりくらりとかわすのが常なのに。

どうしよう?
①このままお義母さんにその話を詳しく聞く
②春樹が嫌がっているようなので聞かない
③後でお義母さんにそっと聞いてみる

386
①このままお義母さんにその話を詳しく聞く

「電話って?」
「春樹が愛ちゃんの部屋に行く前に電話が来たのよ、女の子から」
にこにことお義母さんが続ける。

「それはっ!一昨日のお礼で…」
そこまで続けて、春樹がハッと口を閉ざす。
私はそれでピンときた。

(一昨日って…、春樹が脳震盪で早退してきた日だ…。女の子をかばったって香織ちゃんが言ってたっけ)
「あら、金曜日何かあったの?」
「なにも…」
春樹は、話はここまでというようにご飯を口に入れる。
きっとお義母さんたちに余計な心配をかけたくないんだろう。
私は春樹に助け舟を出してやる。

「なるほどね」
私が納得したように頷いて笑うと、お義母さんがすねたように口を尖らせる。

「あら、二人だけわかっててずるいわ」
「だめ、これは春樹と二人だけの秘密だもん、ね?」
春樹は何も言わずに頷いた。

「だから、この話はおしまい!」
私は強引に話を打ち切る。
お義母さんはまだ不満そうだったけれど、しぶしぶと引き下がる。

みんなご飯を食べ終わっていたけれど、久しぶりに家族そろったためかなんとなく席を立たずに座っている。

さて、どうしよう。
①隆の両親の旅行先を聞く
②お茶を入れる
③部屋に戻る

387
①隆の両親の旅行先を聞く

「お父さん。さっき春樹から聞いたんだけど、隆のおじさんとおばさんって海外旅行に行くんだよね?」

お父さんは話の流れが変わったのを見計らっていたのか、新聞を畳みながら頷いた。
「オーストラリアに行くそうだ」

「あら、そう。いいわね」
お義母さんはお茶を注いぎながら、うらやましそうに呟く。

「それで、隆君をうちで預かることになったんだが……本人は乗り気じゃないようなんだ」
「乗り気じゃないって?」
「湯野宮さんは大変心配されているんだが、隆君は子供じゃないんだからと言ってごねているらしい」

「俺、隆さんの気持ちは分かるよ。放っておいて欲しいんだと思うな」
春樹はそう言って、湯のみを置いた。

(確かに、気持ちはわからないでもないけど……)

「うちとしては湯野宮さんに頼まれた手前もある。そこでだ、愛菜。お前に隆君を説得してもらいたい」
「え? ……私?」
「明日でいいから、せめてうちで食事を摂るように言って欲しいんだ」

①「うん。わかった」
②「えー、嫌だよ」
③「じゃあ、私がご飯を作ってあげるよ」

388
③「じゃあ、私がご飯を作ってあげるよ」

「……え」
私の発言に、一瞬キッチンの中になんともいえない雰囲気が漂った。
(……?なんなの、この沈黙は?)
「隆が放っておいてほしいっていうのもわかる気がするし、おじさん達が心配するのも当然だと思うし。それなら私が隆のところでご飯作ってあげれば良いんじゃない?」
「あー…愛菜は、文化祭だか学園祭だかで忙しいんじゃなかったのか?」
「そ、そうね。さっきも愛ちゃん、なんだか疲れてたみたいだったし」
「?別に大丈夫だよ。最近は夕食の支度だって春樹に任せっぱなしだったんだし、たまには腕を揮わないとね」
「いや、しかしな…」

さらに言い募るお父さん達に首を傾げていると春樹が小さく溜息をついて言った。
「じゃあ、こうしよう。姉さんはまだ怪我も心配だから今週は俺が食事の支度をするよ。その時に隆さんの分も用意するから食べに来るなり持っていくなりすれば良い」
「そうね!それが良いわ」
春樹の発言にお父さんもお義母さんもほっとしたような笑顔を見せた。わざわざ反対するのも妙な気がして春樹の提案を受け入れる事にしたけれど。
(弟の方が何でもできるって、なんだか複雑な気分…)
ぼんやりとそんなことを考えていると春樹が席を立った。

「あら、もう行っちゃうの?…お母さんが好きな女の子のこと聞いたから?」
お義母さんが叱られた子供みたいに悲しそうな顔で声をかけると、春樹は小さく苦笑いをして言った。
「まさか。そんなことでヘソ曲げるわけないだろ、小学生の子供じゃないんだから。これから文化祭の打ち合わせでクラスメイトと電話しなきゃいけないんだ。うちのクラス、予定から少し遅れてるみたいだから」
ちょっと約束の時間も過ぎちゃったし、と呟いて春樹は時計を見上げた。

時計の針は午後八時を少しまわったところ。明日からまた学校が始まると思うと全身を包むけだるさも手伝ってなんとなく気が重くなる。
無意識に一つ溜息をもらしたところで春樹と目があった。
(……春樹?)
一瞬ぶつかった何か言いたげな瞳は、それでも何も言うことなく私からそらされる。
春樹は笑顔でお義母さんにご馳走様、とだけ伝えてキッチンを出て行ってしまった。

さて、どうしよう?
①久しぶりなのでゆっくり両親と文化祭の話をする
②自室で春樹の電話が終るのを待つ
③明日に備えて早めに休む

389
②自室で春樹の電話が終るのを待つ

「それじゃ私も部屋に戻るね。明日の準備もしないといけないし」
「そうね、愛ちゃんはちょっと顔色が悪いし早めに休むのよ」
「うん、わかった。おやすみなさい」
「おやすみ」
お父さんとお義母さんにあいさつをして、階段を上る。

自室に入る前に春樹の部屋を伺うと、中から話し声が聞こえる。
さっき言っていた文化祭の打合せをしているのだろう。

(あ、でも春樹にもおまじないしないといけないから、終わったら部屋に来てもらわないと)
思い出して、春樹の部屋をノックをして少しだけ戸を開けると、春樹がこちらを見た。

「…ごめんちょっとまって、どうしたの?姉さん」
「ごめんね、終わったら私の部屋に来て欲しいんだけど」
「わかった」
「うん、邪魔してごめんね」
春樹の部屋の戸を閉め、自分の部屋に戻るとチハルが歩いてきた。

「ただいまチハル」
チハルを抱き上げて頭をなでると、小さな手を持ち上げて私の指を掴もうとする。
その仕草がさっきの男の子がじゃれ付く姿と重なって思わず笑ってしまう。
私が笑ったためか、チハルが首をかしげて私を見た。どうしたの?と言っているようだ。

「なんでもないよ。ふふ、チハルといつでもお話できると良いのにね」
半ば本気でチハルに言った直後、ポンと軽い音がして目の前に夢で見た少年が手の上に乗っていた。

「え?」
「あれ?」
きょとんとした顔のチハルが不思議そうに私を見つめている。
夢で見たときと同じサイズの子供の姿で手の上に乗っているけれど、重さはぬいぐるみのときとまったく変わらず軽い。

私は思わず…
①悲鳴を上げた
②チハルを落とした
③呆然と見つめた

390
②チハルを落とした

「いたっ!」
床にお尻を打ったチハルは小さく悲鳴をあげた。その声に我にかえってしゃがみ込むチハルを抱き起こす。
やっぱり、軽い。
手に伝わる重みは小さな子供ではなく、どうしたってぬいぐるみのそれだ。

「愛菜ちゃん、ひどいよ……」
見上げるチハルの目は今にも泣き出しそうで、私は慌てて子供をあやすように抱き上げた。
「ごめんごめん、チハルが急に人の姿になったからちょっとびっくりしちゃったの。でも、チハルとまたお話できて嬉しいよ?」
「…ほんと?」
「うん、ほんと。またお話したいなって思ってたから」
つとめて嬉しそうにそう言うと、チハルは機嫌が直ったのかようやく笑顔を見せた。

(でもどうしてまたチハルが人の姿になったんだろう…?)
腕の中の当の本人(?)は特に気にした様子もなく、足をぶらぶらさせたり辺りを見回したりしている。

どうしようかな?
①自分で原因を考える
②チハルに理由を聞いてみる
③後で隆(もしくは御門くん・周防さん)に尋ねる

|